星座グループ別【チャンスを逃す理由】蟹座・蠍座・魚座は物ごとを割り切れない!

写真拡大

 「チャンスをつかみたい!」と思っていても、タイミングを逃して見送ってしまうことがあります。でもそんなときに振り返ってみると、大抵は、似たようなことが原因になっているはず。恋にも仕事にも関わるチャンスを失うときの傾向を、星座グループ別に見てみましょう。

■火の星座(牡羊座・獅子座・射手座)……プライドにこだわって素直になれなかった
 思ったことをストレートに表現したり、自分のやりたいことをするために実際に行動していく火の星座グループです。ときに大胆な言動で周囲を圧倒することもあるかもしれませんが、そこには負けず嫌いの気質と自尊心が影響しているでしょう。そんな火の星座たちは、人に頼る自分を許せず、素直になれないことも。プライドが邪魔をした結果、チャンスを逃してしまうのです。

■地の星座(牡牛座・乙女座・山羊座)……慎重になり過ぎて勝負に出られなかった
 勉強や作業を地道に続けていく地の星座グループは、とても真面目な堅実派です。リスクを負って勝負に出るよりも、多少は時間がかかったとしても、着実な結果に結びつきそうな日々の努力を積み重ねるでしょう。実際に成功したり、自分の夢を実現する人も多いのが地の星座です。けれど実直さが裏目に出てしまうと、慎重になるばかりで勝負に出られず、チャンスを失うでしょう。

■風の星座(双子座・天秤座・水瓶座)……去る者を追わずの美学で流してしまった
 切り替えの早さで後腐れを作らないクールな風の星座グループです。「本当はこうしたほうがよかったかもしれない」ということがあったとしても、「もう終わったことだから、しかたない」と割り切るでしょう。スイッチするように次のことに気持ちを入れ替えるのはいいですが、引き止めたり、もう一度チャンスをもらおうとしないところが、チャンスを逃してしまう原因に。

■水の星座(蟹座・蠍座・魚座)……理屈はわかっているものの割り切れなかった
 頭と心が1つになっているのが水の星座グループです。頭で考えたらこうだったからということで、心を分離させることはないでしょう。むしろ、「理屈はわかっているけれど、それとこれは別の問題なんだよね」という、あいまいな結論になってしまうはずです。こうした割り切りの悪さが影響し、「本当はこうしたほうがいいよね」という正しい決断を封印し、チャンスを逃すことに。

 あとから冷静に考えてみると、「確かにそうだ」「なんて自分はおろかだったのだろう……」と、自分のことを嘆かわしく感じることがあるでしょう。そんなときに、チャンスを逃す理由を思い浮かべてみてください。次のチャンスをつかむために役立つはずです。
(LUA)※画像出典/shutterstock