孫 正義氏1957年、佐賀県生まれ。ソフトバンクグループ代表取締役会長兼社長。現在、英国半導体設計大手・アームホールディングスchairman、米国通信大手・スプリント取締役会長。中国オンライン通信販売大手・アリババ・グループHD取締役などを務める。

写真拡大

2017年5月、孫正義は世界の10兆円を超えるソフトバンク・ビジョン・ファンドの創設を発表した。世界最先端の技術に積極的に戦略的に投資をするという。これまでもヤフー、ボーダフォン、ARMと常識を覆す投資・買収をしてきた稀代の投資家の成功法則とは――。

■読むだけで役立つ、孫正義の投資法

時価総額10兆円弱で日本4番目の時価総額を誇るソフトバンクグループ(2017年9月4日時点)。その主要事業で、創業者・孫正義氏が自ら起こした事業はほとんどない。その多くがベンチャー企業への出資や買収などで既存のビジネスに投資し、成長させてきた。そんな孫氏の投資手法をSBIインベストメントの元ファンドマネジャーで、現在日本創生投資の三戸政和社長が解説する。

私がビジネスパーソンのみなさんにご提案しているのは、50代からの企業経営です。それは、出世していまの会社の社長になれというのではなく、起業をしてくださいといっているのでもなく、「世の中にすでにある企業をご自身の手で買収して社長となり、第二の人生として会社経営をしてください」という提案です。

私はいま、日本創生投資という会社で中小企業を対象にした事業承継・事業再生ファンドを運用しています。2005年から11年まで、ソフトバンク・インベストメント(現SBIインベストメント)という会社にいました。孫正義さんと北尾吉孝さんがつくったベンチャー投資ファンドの運用会社です。

■展示会と出版社を買収した理由

私はそのファンドマネジャーとして、日本とシンガポールで、1000社を超える企業の発掘、株式公開支援、M&A、企業再生などを行いました。当時孫さんは経営に関わっていませんでしたが、彼の投資哲学は残っていました。また運営ファンドの投資家であった孫さんの研究をさせていただきました。

そうした知識から、中小企業を買う、または株式投資をする際にポイントとなる点をお伝えします。

企業への投資、中小企業の買収を想定したとき、まず孫さんから学ぶべきことは、「最新のビジネスモデルを知る」ということです。その分野や企業に先んじて投資することで、先行者利益を得られるからです。

1990年代、「これからはインターネットの時代だ」と思った孫さんは、アメリカのコンピュータの展示会そのものを買収したり、コンピュータ雑誌の出版社を買収します。有望なベンチャーは展示会に出展するはずだし、雑誌も取り上げるからです。こうして情報を得て企業投資をしていったのです。さらに成功を収めたのは自ら「タイムマシン経営」と名付けた経営手法です。

■引退後のそば屋は、ほぼ成功しない

ソフトバンクは96年に米ヤフーに出資して合弁でYahoo! JAPANを立ち上げました。米国のビジネスモデルを日本に持ち込んだのです。米国で成功したビジネスモデルは数年遅れで必ず日本にもやってくると見込み、日米のタイムラグを利用して先行者利益を得たのです。

じつはこの「タイムマシン経営」は、日本の東京と地方でも適用できます。新しいビジネスでは、東京と地方にはいまだにタイムラグが存在します。大事なのは、最先端の情報を海外のSNSを見るなどして入手することなのです。

孫さんの買収・投資先の企業選びで参考になるのは、実業と関連した企業にするということです。ソフトバンクはYahoo! JAPANを立ち上げた後、Yahoo! BBをスタートさせてインターネット通信を開始し、ボーダフォンとウィルコムを買って携帯電話・PHS産業に参入して業態を拡大させてきました。

その何が参考になるかというと、孫正義をもってしても、まったく知見のない産業には闇雲に手を出さないということです。たとえばソフトバンクがいきなり車メーカーを買ったり、レストランを始めたりはしないのです。みなさんも、もし中小企業を買収するのであれば、まずは自分がこれまでやってきた事業か、あるいは、そこに隣接する領域で勝負してください。

メーカーや銀行に勤めてきた人が、「夢だから」とそば屋などの飲食店を始めるのはおすすめできません。飲食業はあらゆる産業のなかで最も難しいビジネスの1つ。市場規模は約25兆円と大きいですが、最大手のゼンショーグループで売上高は約5400億円。たった2.2%しかシェアがないのです。競争や出入りが激しく失敗するリスクが高い分野に飛び込む必要はないのです。

----------

▼外食産業・飲食店には投資しないこと
○ 一見、市場は小さい、競争相手が少ない、大当たりの可能性あり
× マネされやすい、新規参入が多い、人材が獲りづらい
ガリバーになれる分野に一気に投資!
1990年代、インターネットの時代が来ると読んだ孫さんは、関連銘柄をのきなみ買い取った。代表的なものが米国Yahoo!への投資だ。そこからは自分の行っている実業に近い通信関連分野やコンテンツ事業に進出することでポートフォリオを拡大し、1人勝ちのインターネットの世界で先行者利益を得ることができたのだ。

----------

じつはいま、個人で会社を買収することは難しいことではありません。ためしにインターネットで検索してみてください。中小企業の売買情報を一覧できるサイトがいくつも出てきます。案件のなかには、500万円程度で買えるものも多くあります。

「実際に会社を買えたとしても、失敗が怖い」と思うかもしれませんが、それは少し前の話。いま、中小企業の事業承継を促進させるため、銀行が社長個人に連帯保証を求めないルールになっています。前社長が連帯保証人になっていても、うまく銀行と交渉すればあなたは連帯保証人になる必要はありません。

■なぜ孫正義は嫌われないのか

社長が会社売却で重視する最大のポイントは、社長の自己評価欲求を満たすことです。そのために大切なのは、あなたがいかに会社のビジネスをよく理解し、商品やサービスに魅力や可能性を感じているかを伝えることです。

ここでも孫さんの買収法が参考になります。じつは孫さんは、この相手の自己評価欲求を満たすプレゼンテーションが天才的にうまいのです。そして、相手の社長を心からリスペクトし、従業員も取引先も大切に扱う。「買収する」のではなく、「出資させていただく」という姿勢なのです。日本の大企業が海外企業の買収で行うような、トップを突然代えるようなことはしません。

もしあなたが、会社を買うことになったら、まずは孫さんのように従業員や取引先の信頼を得て、きちんと「社長になる」ことが大事です。挨拶や掃除など、小さなことからコツコツと積み上げて信頼を得てから社内のリソース、財務状況、人材、クライアント、競合などをじっくりと調べ上げてください。会社を買う前には気付かなかった多くのことが見えてきて、正しい業務改善ができるようになるのです。

あなたの中小企業の経営者としての第二の人生が成功することを祈ります。

----------

▼流行の「バズワード」に投資する
世の中を動かす言葉が出たらチャンス!
孫さんは「時代のキーワード」を見て、関連する企業に投資して成功した。たとえば、10年前からSBIインベストメントでは、インターネット上のお金の取引を「ネット金融」という名前で呼んでいたが、あまり注目されなかった。それが「フィンテック」というバズワードがついた途端、SBIは300億円の投資ファンドを集めることができた。投資家や世の中が期待する言葉に注目することで大きな利益がやってくる。

----------

----------

三戸政和
日本創生投資 社長

1978年、兵庫県生まれ。同志社大学卒業後、2005年ソフトバンク・インベストメント(現SBIインベストメント)へ入社。11年兵庫県議会議員に当選し、行政改革を推進。16年より現職。

 

----------

(日本創生投資 社長 三戸 政和 構成=嶺 竜一 撮影=研壁秀俊、小倉和徳)