1952年に即位し、昨年在位65周年を迎えたイギリスのエリザベス女王。自信に満ち溢れ、威厳があるというイメージが強いけれど、実はある人のアドバイスによって支えられていたことが明らかに。

2018年2月6日(現地時間)、イギリスのテレビ局Channel 5にて放送されたドキュメンタリー番組『Elizabeth: Our Queen』によると、女王の母エリザベス・ボーズ=ライアンは、娘に自信をつけさせるため、さまざまな言葉をかけていたそう。

女王の友人、レディ・ペンは「女王は幼い頃から母親に『自信をもって』と励まされていました」「シャイだった女王は、大勢の人たちが待つ部屋に入るのも苦手でした。でも彼女の母親は『こういう時は、思いきってドアの真ん中を通って入るのよ』とアドバイスしたのです。謙虚さを捨てて、堂々と入場することの大切さを教えたかったのだと思います。とてもいいアドバイスだと思いましたよ」と打ち明けた。

全8話からなるこのドキュメンタリーでは、即位65周年を記念し、イギリスの首相や親しい友人たち、英国王室のスタッフなど、女王をよく知る人物たちにインタビュー。

第1話は女王の幼少期、父親の死、当時18歳だったフィリップ殿下との出会い、第2話は戴冠式、バッキンガム宮殿での生活、女王流ワークライフバランスの整え方などがフィーチャーされている。盛りだくさんな内容に興味津々。日本で放送されないのがちょっぴり残念!

※この翻訳は、抄訳です。

Translation:Reiko Kuwabara

From:Good Housekeeping UK