「自分たちがしっかりやらないと…」川崎FのMF中村憲剛、長丁場の戦いへ気を引き締める《FUJI XEROX SUPER CUP 2018》

写真拡大

▽FUJI XEROX SUPER CUP 2018の川崎フロンターレvsセレッソ大阪が10日に埼玉スタジアム2002で行われ、3-2でC大阪が勝利した。

▽試合後、川崎FのMF中村憲剛がメディア陣によるインタビューに応対し、いかなるピッチ状況にも対応していかなくてはいけないと主張。今回の敗戦を受けて「自分たちがしっかりやらないと、どこと対戦しても勝てない」と気を引き締めた。

◆MF中村憲剛(川崎フロンターレ)

──今日はグラウンドに水が巻かれていなかったようだが

「それは相手も一緒です。自分たちみたいなチームには多少影響することもあるかもしれないですけど、アジャストの部分は自分も含めてみんなでしていかなくてはいけないと思います。ルヴァンカップ決勝でも感じましたけど、ここでやる時はそういう問題にぶつかります。パスの出し手も受けても気を使わないといけないと思います。相手のブロックではなくこちらの問題です」

──今後に向けて

「試合が続くので、しっかりと切り替えていきたいです。またピッチも変わりますし、そういうところも切り替えてやらなきゃいけないと思います。負けたことは悔しいです。ただ、シーズンが始まって一発目ですし、幸先良くいきたかったですけど、下を向いてはいられません。ACLの初戦も大事なのでそこに向かっていきたいです」

「チーム全体としてもう1回気を引き締めてやっていかないといけないと思います。自分たちがしっかりやらないと、どこと対戦しても勝てないと思います」