チェルシーで幸せだけど…モラタ、古巣レアル・マドリー復帰を匂わす

写真拡大

▽チェルシーに所属するスペイン代表FWアルバロ・モラタ(25)がレアル・マドリー復帰の可能性を示唆した。イギリス『FourFourTwo』が伝えている。

▽モラタは昨夏、レアル・マドリーからチェルシーに移籍。背中を痛めて復帰の見通しが立っていない状況だが、ここまでプレミアリーグで10ゴールと一定の活躍を披露している。

▽早期復帰が期待されるモラタ。だが、『Movistar+』のインタビューで古巣に対する未練、サンチャゴ・ベルナベウ帰還に含みを持たせるコメントを残したという。

「僕はチェルシーをリスペクトしている。僕と契約するためにすごく誠意を見せてくれたんだ。とても幸せだよ。でも、僕にとって、マドリーはいつだってマドリーだ」