結婚相手として本命ではない異性との距離感とは?(写真:プラナ / PIXTA)

「未婚化」「晩婚化」が進み、平均初婚年齢が上昇する中、男女交際・結婚への意識にはどのような傾向が見られるのでしょうか。以前、平均初婚年齢を過ぎた年齢層から、生涯未婚率の基準である50歳を過ぎた年齢層までを対象に行った調査の結果を4回に分けてご紹介しました(4回目の記事は『女性が「彼氏が欲しい」と思うピークはいつか』)。今回は同調査の中から、結婚相手として本命ではない異性との距離感について、2回に分けてご紹介します(前編の記事は『愛されるより愛したい女性はルックス重視だ』)。
なお、本稿記載のデータは、明治安田生活福祉研究所が行った「35〜54歳の結婚意識に関する調査」、および「男女交際・結婚に関する意識調査」の調査結果を使用しています。

本命以外の異性との交友関係をキープした人の割合

自分の思い描く結婚相手としてのタイプとは必ずしも一致しないけれども、本命とは別に交友関係を維持(キープ)する人もいます。35〜54歳の男女に本命以外の異性との交友関係をキープしたことがあるかを尋ねたところ(既婚者は結婚前のことについて回答)、既婚の男女は約3割(既婚男性32.6%・既婚女性30.4%)がキープしたことがあるようです。一方、未婚者は既婚者に比べてキープ経験がある割合が低く、男性は約6人に1人(16.2%)、女性は約5人に1人(19.5%)でした。


また、25〜34歳の男女に対しても、結婚相手として本命ではない異性との交友関係をキープしたことがあるかを尋ねたところ(既婚者は結婚前のことについて回答)、キープしたことがある割合は、未婚者より既婚者のほうが高くなりました。

既婚者については、男女ともに20代後半は約5人に2人、30代前半は約3人に1人が「キープしたことがある」と回答しており、同じ既婚者でも20代後半のほうが30代前半より割合が高くなっています。

同じように未婚者についてみると、年齢別では大きな差はなく、男性は約5人に1人、女性は約4人に1人が「キープしたことがある」と回答しています。未婚者の場合、女性のほうが男性より割合が高くなっています。


キープ経験がある人の交際と結婚の考え方

理想・条件を満たさない異性との関係をキープした人は、交際と結婚をどのように考えていたのでしょうか。35〜54歳の人に30歳当時、交際と結婚の関係をどのように考えていたか尋ねたところ、男性の約半分(52.8%)・女性の約5人に3人(58.8%)が「交際する際には将来、結婚することも考える」でした。また、男女ともに約7人に1人は「結婚したいと思える人としか交際しない」ようです。

「交際する際に結婚のことはまったく意識していない」は、特に男性においてキープ経験がある場合のほうが、ない場合よりも10ポイント以上高くなりました(既婚キープ経験あり40.7%・なし27.3%、未婚キープ経験あり43.3%・なし32.0%)。

また、「結婚したいと思える人としか交際しない」は、特に未婚者は男女ともキープ経験がある場合よりも、ない場合のほうが高くなりました(未婚男性キープ経験あり7.6%・なし24.3%、未婚女性キープ経験あり10.1%・なし22.3%)。


それでは、結局、本命の異性とキープした異性のどちらと結婚したのでしょうか。35〜54歳のキープ経験のある既婚者に結婚相手について尋ねたところ、男女ともに「当初から本命だった人と結婚した」は約3人に1人(男性35.9%・女性32.6%)、「本命・キープ以外の人と結婚した」は約半数(男性48.3%・女性50.3%)で、キープした異性と結婚したのは約6人に1人(男性15.8%・女性17.1%)でした。

結婚した時の年齢別に見てみると、「当初から本命だった人と結婚した」は初婚年齢が24歳以下の人が最も高く(男性48.9%・女性38.9%)、初婚年齢が上がるほど低くなっています(初婚年齢35歳以上の場合、男性18.1%・女性20.0%)。逆に「本命・キープ以外の人と結婚した」は、初婚年齢が上がるにつれて高くなっています。

なお、同じように本命ではない異性と交友関係をキープしたことがある25〜34歳の既婚者に対しても、誰と結婚したかを尋ねたところ、キープしていた人との結婚は男女ともに約2割でした。


キープ経験がある既婚者の生活への満足感

ところで、キープ経験がある既婚者は現在の生活に満足しているのでしょうか。キープ経験がある35〜54歳の既婚者を全体的に見ると、「満足している」・「満足していない」が半々で、男性は「満足している」が若干高く、女性は逆に「満足していない」が若干高くなりました。

結婚した相手別に見てみると、「キープだと思っていた人のことが好きになり結婚した」人のうちで「満足している」割合は、男性約2人に1人(49.2%)に比べ、女性は約5人に3人(61.3%)と高くなっています。逆に「キープしていた人と妥協して結婚した」人の場合、男性約5人に2人(38.3%)に対し、女性は約4人に1人(22.8%)と、女性のほうが妥協して結婚したことに対する満足感は低いようです。