TBS日曜劇場の「99.9-刑事専門弁護士-SEASON供廚離劵奪箸鳳れたテレビ界の危機とは?(東洋経済オンライン編集部撮影)

今年1月スタートの連ドラが序盤から中盤に入り、賛否さまざまな声が飛び交っています。

視聴率では、松本潤さん主演「99.9-刑事専門弁護士-SEASON供廖TBS系)が初回から順に15.1%、18.0%、16.2%、16.8%。木村拓哉さん主演「BG〜身辺警護人〜」(テレビ朝日系)が同15.7%、15.1%、13.4%。石原さとみさん主演「アンナチュラル」(TBS系)が同12.7%、13.1%、10.6%、11.4%、山田涼介さん主演「もみ消して冬〜わが家の問題なかったことに〜」(日本テレビ系)が同13.3%、11.1%、11.1%、11.0%を記録するなど、好調をキープ。しかし、その他の作品は2ケタどころか5〜8%にとどまるなど、明暗がはっきりと分かれています。

しかし、この「99.9」「BG」「アンナチュラル」「もみ消して冬」の高視聴率こそが、皮肉にも今後の連ドラ、ひいてはテレビ番組そのものへの危機を暗示しているのです。実際、私の知る業界関係者にも、危機感を抱いている人は少なくありませんし、「自分で自分の首を絞めている」と言う人さえいます。いったいどんな危機があるのでしょうか。

13本中7本が1話完結のフォーマット

「99.9」「BG」「アンナチュラル」「もみ消して冬」。この4作に共通しているのは、“1話完結の事件・問題解決ドラマ”であること。弁護士、ボディガード、法医解剖医、刑事と、主人公の職業こそバラバラですが、「型どおりの番組フォーマット」なのです。

さらに、昨秋から2クール連続放送中の「相棒」「科捜研の女」(ともにテレビ朝日系)も、同じ1話完結の事件・問題解決ドラマのフォーマット。現在プライム帯(19〜23時)で放送されている連ドラの13本中7本が、このフォーマットなのです。

「別にいいじゃないか」と思うかもしれませんが、これらは毎週放送される連続ドラマであり、もともとは視聴者に「次に何が起きるかわからない」「続きの話が気になる。早く見たい」と思わせる連続性が最大の魅力でした。

しかし、1話完結の事件・問題解決ドラマのフォーマットは、「毎週似た構成で物語が進み、最後の5〜10分で円満解決」がお約束。安心感こそある反面、感情が揺さぶられたり、予想を上回られたりすることはほとんどありません。わかりやすく言えば、かつて中高年層をメインターゲットに放送されていた時代劇と同じフォーマットであり、予定調和を楽しむためのドラマなのです。

なぜ予定調和を楽しむドラマが過半数を超えるほど増えているのか? その答えは視聴率に尽きます。前述した「相棒」「科捜研の女」のロングシリーズ作に加え、「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」(テレビ朝日系)など、近年1話完結の事件・問題解決ドラマは、高視聴率を記録しています。

視聴率を獲得するためには、リアルタイムでテレビを見てもらうことが必須条件。その点、1話完結の事件・問題解決ドラマは、「リアルタイムで気軽に見るのにちょうどいい」「1〜2話見逃しても気にならず、また次週見られる」という理由で視聴率につながりやすいのです。

一方、連続性のあるドラマは、「録画やネットで好きな時間にじっくり見たい」「見逃さないように録画しておく」ためリアルタイム視聴が望みにくく、視聴率の面では絶対的に不利。プライム帯で放送するほとんどの連ドラを1話完結の事件・問題解決ドラマで固めているテレビ朝日が高水準の視聴率を記録していることもあって、他局も追随しはじめているのです。

「ドラマのTBS」が見せた看板枠の変化

なかでも象徴的なのはTBS。「99.9」が放送されている日曜21時の「日曜劇場」は、60年超の歴史を持つテレビ業界きっての名門枠であり、これまで続編を放送せず、つねに新たな作品を手掛け続けてきました。

しかし、記念すべき100作目となった「99.9」は、2016年4月期に続く「SEASON供廖「日曜劇場」が、ついに続編を手掛け、しかも1話完結の事件・問題解決ドラマだったのです(これまで唯一、続編が放送された「JIN-仁-」は、1話完結の事件・問題解決ドラマではなく、長編を2回に分けた形でした)。

また、約45年もの歴史を持つ金曜22時の「金曜ドラマ」にも気になる点があります。今冬の「アンナチュラル」を手掛ける野木亜紀子さんは、現在最も注目を集める旬の脚本家。2016年に「重版出来!」「逃げるは恥だが役に立つ」(ともにTBS系)で、連ドラらしい連続性のある群像劇を描いて絶賛を集め、次作が注目されていましたが、フタを開けてみたら1話完結の事件・問題解決ドラマだったのです。

もちろん、それが悪いというわけではありませんが、先述したように、連ドラ全体の過半数を占めるフォーマットにトップ脚本家を押し込むような形は、テレビ業界全体から見たらプラスとは言えないでしょう。事実、岡田惠和さん、宮藤官九郎さん、古沢良太さん、坂元裕二さん、森下佳子さん、遊川和彦さんら、ほかのトップ脚本家が、1話完結の事件・問題解決ドラマを書くことはめったにありません。先月末にお会いした、あるドラマ制作のプロデューサーも、「視聴率がほしいのはわかるが、なぜ今、野木亜紀子さんに1話完結の事件・問題解決ドラマを書かせるのか」と疑問を呈していました。

現在プライム帯で放送されている1話完結の事件・問題解決ドラマは、テレビ朝日が3本中3本、TBSが3本中2本、日本テレビが3本中1本、テレビ東京が1本中1本、フジテレビが3本中0本。テレビ朝日は数年前からこの戦略を徹底していますが、かつて「ドラマのTBS」と称えられた同局が看板枠の「日曜劇場」「金曜ドラマ」で見せた変化は見逃せないのです。

社会現象となった連ドラとは真逆のスタンス

もし目先の視聴率を求めて、テレビ朝日の戦略に日本テレビやフジテレビも追随してしまったら、地上波の連ドラは1話完結の事件・問題解決ドラマばかりになってしまうでしょう。これこそが最大の危機なのです。

先述したように、1話完結の事件・問題解決ドラマは、予定調和の展開を楽しむ時代劇にも似たフォーマットであり、すべての視聴者がそれを望んでいるわけではありません。視聴率には反映されない録画、ネット、ワンセグ経由の視聴者は、「忙しい中でも時間を作って見たい」「好きな時間にじっくり見たい」「セリフを聞き逃したくない」という言わば“ポジティブな顧客”が多く、作品に寄せる思いはリアルタイム視聴の人々を上回るものがあります。

もちろん1話完結の事件・問題解決ドラマにも、熱狂的なファンを持つ作品もありますが、そもそも「今週の放送が終わったら、次週はまたゼロからスタート」という作りのため、記憶に残りにくく、カタルシスも毎週一定のラインにとどまるものです。

実際、2010年代に社会現象となった連ドラは、「家政婦のミタ」(日本テレビ系)、「半沢直樹」(TBS系)、「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS系)、さらに昨秋の話題をさらった「陸王」(TBS系)と、すべて1話完結の事件・問題解決ドラマではありませんでした。視聴率の面では「ドクターX」も引けを取りませんが、「人々の記憶に残る社会現象となった」という点では別次元の作品なのです。

つまり、1話完結の事件・問題解決ドラマは、「人々の心を揺さぶる大ヒット狙い」ではなく、「失敗のリスクが少ない小ヒット狙い」ということ。すると、必然的にこぢんまりとした作品が増え、「地上波の番組は似たような番組ばかり」と思われやすい状況が生まれてしまうのです。

「大ヒットの可能性を放棄して、失敗のリスクが少ない小ヒット狙い」の戦略は、ドラマに限らず、業績の落ちはじめた業界の常套手段。しかし、競合各社が似たような商品を作ることで、徐々に飽きられて小ヒットすら難しくなり、業界そのものが衰退してしまう危機をはらんでいるのです。

低視聴率ドラマがかろうじて多様性を担保

今冬、低視聴率にあえぐ作品を見てみると、オタク女性の成長と恋愛を描いた「海月姫」(フジテレビ系)、母親を陥れたテレビ番組への復讐劇「FINAL CUT」(フジテレビ系)、自分の心を支配する男からの脱皮を描く「きみが心に棲みついた」(TBS系)、身寄りのない少女の血縁を超えた人間ドラマ「anone」(日本テレビ系)、不妊治療を中心にさまざまなカップルの生き方を見せる「隣の家族は青く見える」(フジテレビ系)、キスするたびにタイムリープするファンタジー「トドメの接吻」(日本テレビ系)と、まさに多種多彩。

現状はこれらの作品がかろうじて連ドラの多様性を担保していますが、今後も1話完結の事件・問題解決ドラマが増えるようであれば、画一化は進み、「地上波の連ドラはそれが好きな人だけ見るもの」というイメージが定まっていくでしょう。

現時点でもテレビをつければ、昼間の再放送から夜の新作放送まで「人が殺される」「犯人を追う」「主人公が追い込まれる」、重い展開のドラマばかり。「そろそろ歯止めをかけなければいけない」というタイミングに来ている気がするのです。

問題の根本は、テレビ局が視聴率という現在の消費者嗜好や生活スタイルに合わない指標にこだわっていること。ビジネスモデルのもととなる重要なものだけに、変えることの難しさがあるのは当然でしょう。しかし、すでに多くの視聴者から「時代錯誤である」ことに気づき、反発の声も上がっているだけに、露骨に視聴率を追う姿勢を見せると、さらなるテレビ離れを招きかねないのです。

もし各局が今後も視聴率獲得のために、リアルタイム視聴させるための番組作りを進めたら、録画視聴派やネット視聴派らのテレビ離れは進み、ビジネスは縮小していくでしょう。そのときテレビは、「ニュースやスポーツなどの速報性が重要な番組を見るもの」になるか、あるいは「ネット動画を見るためのスクリーン」になり下がりかねないのです。

ネットが「高視聴率=正義、低視聴率=悪」に加担

民放各局のテレビ放送が営利事業である以上、ビジネスとして数字を追い求めるのは当然。しかし、視聴率のような前時代的な指標を押し通すような戦略は、顧客である視聴者を「リアルタイムで見る人」に絞っていることになり、自らビジネスをスケールダウンさせていることになります。

すでに「僕はリアルタイムで見られないから、ドラマはすべて録画で見る」「私はリアルタイムで見る気はないから、地上波のドラマではなく、ネットドラマを見る」という人は決して少なくありません。テレビ局が仕掛けたのではなく、視聴者自ら「リアルタイム視聴派」「録画視聴派」「ネット視聴派」「映画や動画など他のコンテンツ代替派」などへのセグメントを進めているのです。視聴者のセグメントは細分化する一方だけに、このままテレビは、ごく一部の人に向けたビジネスになってしまうのでしょうか。

もし「99.9」「BG」「アンナチュラル」など1話完結の事件・問題解決ドラマが、最後まで高視聴率を記録したら、テレビマンたちはますます目先の数字欲しさに似た作品を量産しかねません。

さらに、そんな懸念を助長するのが視聴率に関するネットニュース。「視聴率という指標に疑問を抱きながらも、それに代わるものがないため、結局視聴率に関する記事をアップする」ため、高視聴率=正義、低視聴率=悪の図式を高めています。

そんなネットメディアの視聴率に関する報道を見た視聴者も、「視聴率という指標には辟易しながら、一方で自分の見ている番組が高視聴率だと喜び、低視聴率番組を容赦なくたたく」など、結果的にテレビ局が視聴率獲得に走る一翼を担っているのです。

視聴率という根本の問題を解決しなければ、テレビ業界の業績は好転しないでしょうが、喫緊の対策としては「これ以上、1話完結の事件・問題解決ドラマを増やさず、連続性のある大ヒット狙いの作品を手掛ける」ことも大切な気がするのです。

この記事を読んで胸が痛くなるテレビマンは多いと思いますし、なかには怒りの声を上げる人もいるでしょう。ただ、どうか、「目先の視聴率を追わなければ仕事にならないんだ」と開き直ることなく、テレビ業界の未来に向けた勇気ある一歩が踏み出せますように。テレビ業界のかなり端を歩く1人として、そう思わずにはいられません。