外出先での電池切れは本当に頭が痛い(Photo by kasto / PIXTA)

外出先でスマホが電池切れ。どこかに電源はないか――、と探し回った経験は誰もが持っていることだろう。


東洋経済オンライン「鉄道最前線」は、鉄道にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら。

そんな中、ロンドン郊外を走る電車の車内で、業務用コンセントにつないでスマホを充電していたら、いきなり現行犯逮捕されたという話がある。そんな厳しい仕打ちが待っているとは、気軽に充電をした本人は夢にも思わなかったことだろう。

日本に限らず、充電設備の付いた列車が世界のあちこちで走るようになってきた。一方で、洋の東西を問わず、車内には清掃時などに使用する、「乗客の利用を想定していない」業務用コンセントが設置されているのもまた事実だ。

スマホ充電、逮捕のいきさつは?

業務用コンセントにつないで充電していて、逮捕されたケースを改めて追ってみよう。事件は2015年7月10日に起きた。

ロンドン郊外を環状につなぐロンドン・オーバーグラウンドという鉄道がある。東京で言うと、武蔵野線のように首都の外環を走る路線で、多くの利用者は15分以上、遠くに行く人は1時間近くも乗り続けることもある。

車両は5両編成なのだが、各車両を改めてチェックすると、車内の割と目立つところに業務用の電源コンセントが1両につき2カ所設けられている。

このコンセントには明確に「公衆の利用は禁じる」と書かれてあり、車内で電池切れを起こしても、ここへプラグを差し込むのはかなり気がひける。筆者も何度となくここに差し込み充電しようか、という衝動に駆られたこともあるが、ひとつ間違うと逮捕されると聞くと、そんなリスクを負ってまで電気が欲しいとは思わない。ちなみにこの逮捕の話が知れ渡ってから、誰一人としてこの業務用コンセントを使っている乗客を見たことがない。

「犯人」はこれらコンセントのうちの一つに充電器をつなぎ、堂々とスマホを使っていたとされる。しかし、この様子を見ていた女性が「この人、盗電している」「これは犯罪だ!」と言い続けたことから、沿線にある交通警察署から警官が4人もやってきて、ホームで該当の男を捕まえたという。

英国では、盗電の罪を犯した場合、「最大で懲役5年」と決められている。さすがにこのときの「犯人」はいったんは署まで連れていかれたものの、程なくして釈放された。罪に問われなかったとはいえ、4人もの警官に身柄を押さえられ、車に押し込まれ署まで連れていかれたのは本人もショックだっただろう。

では、他で「車内に業務用コンセント」の事例はどうなっているのだろうか。いくつかの例を思い返してみた。

日本でも業務用コンセントが付けられている。多くの通勤電車には車端の壁にコンセントが付いており、普通のプラグが差し込める仕様になっている。しかし、あくまで業務用であって乗客は使えない。


座席のすぐ足元に取り付けられた業務用電源。[ 公衆の利用は禁止」と記載されているが、こんなに便利な場所だと思わず充電してしまいそう(筆者撮影)

この「隠しコンセント」をめぐって、筆者もトラブルに巻き込まれたことがある。成田空港に向かう総武線の快速電車で、目ざとく電源を見つけたある訪日客がパソコンを充電しちゃえとばかり、ちゃっかりプラグを業務用コンセントに差し込んで使っていた。

これを車掌が見つけ、「これは使ってダメな電源なので抜いてほしい」と説明するも、言葉が通じないので状況は険悪化するばかり。やむなく筆者が代わりに説明したものの「シンカンセンのはOKなのに、どうして他の電車ではダメなのか、納得がいかない!」とその訪日客の怒りは収まらず、なだめるのに結構時間がかかった。

ちなみに、中国の駅や空港の待合室にいると、充電したい旅客が壁や床にあるコンセントを探してはフタをこじ開けプラグをつなぐ……といったシーンを見ることが少なくない。彼らにしてみたら、「公共空間にある電力は使って当たり前」くらいの感覚のようだ。もっとも最近では、きちんと公衆向けに充電用のコンセントを設けて対応する場所もずいぶんと増えてきている。

充電用電源付き通勤電車も登場

新しく造られた優等列車の車両には、座席に充電用コンセントが付いていることが世界的にみても一般的になっている。欧州ではこれに加えて、通勤電車でも徐々に電源完備車両を見かけるようになってきた。

たとえば、ロンドンから西に延びるグレートウェスタンレールウェイ(GWR)にこのほどお目見えした通勤車両は各席に電源完備。ドイツでも一部の近郊型車両に電源が付いていて、旅先での電車移動中、電池切れを気にすることなくスマホが使えるのはありがたいサービスだと感じたことがある。

目下、五輪を控えた東京では、「地下鉄について2020年時点で、Wi-Fi接続可能区間を全体の8割」と打ち出している。ただし、車内充電についてはどうか。
スマホの電池切れは誰にとっても「死活問題」。外出時は電池の残量を確認、あるいは充電器を携帯するなど、万全の体制が必要だ。くれぐれも業務用コンセントにつないで、盗電の疑いで逮捕されることのないように。