ラミス土壇場弾で乾先発のエイバルが敵地で無失点勝利! リーガ4戦負けなし《リーガエスパニョーラ》

写真拡大

▽日本代表MF乾貴士の所属するエイバルは、10日にリーガエスパニョーラ第23節のアラベス戦をアウェイで行い、1-0で勝利。乾は85分まで出場した。

▽前節セビージャに5-0の大勝を収めたリーガ3試合負けなしの7位エイバル(勝ち点32)が、同じくリーガ3戦負けなしの12位レガネス(勝ち点29)のホームに乗り込んで行った一戦。乾はこの試合も中盤左のポジションで先発となった。

▽前線からの精力的なプレスや素早いサイド攻撃に特色を持つ似たもの同士の対戦は、中盤でぶつかり合うにらみ合いのような時間帯が続く。

▽エイバルはダニ・ガルシアを起点に、ワイドに張る乾やオレジャーナに素早くボールを当てようとするが、なかなか通らない。27分には右サイドを上がったペーニャがアーリークロスを入れたものの、ボックス中央のキケ・ガルシアには合わなかった。

▽36分にも、右CKのキッカーをダニ・ガルシアが担当し、鋭くカーブしたクロスを供給する。ボックス内のシャルレスが頭で合わせたが、競り合いの中でファウルがあったとしてチャンスにはならない。

▽さらに42分、エイバルはショートカウンターから左サイドでボールを持った乾が、ドリブルでの突破を試みる。しかし、相手DFに阻まれて決定機に繋げることはできない。

▽前半は、お互いに好機を作り出すことができないまま終了。白熱の試合はゴールレスで折り返しを迎えることとなった。

▽後半の立ち上がりは、エイバルが攻勢をかける。50分には相手ボックス内でルーズになったボールにシャルレスが飛び込んでいく。しかし、シュートは得点とはならない。

▽さらに60分、左サイドでボールを持った乾が右足でアーリークロスを入れる。反応したオレジャーナのヘディングシュートは阻まれたが、徐々にチャンスを作っていく。

▽66分には、ショートカウンターからボックス左でボールを持った乾が左足でシュートを放つ。しかし、これはバーを越えた。

▽エイバルのペースで試合が進んでいくものの、決め切れない時間帯が続く。77分にもセットプレーの流れから競り勝ったDFラミスがヘディングシュートを放ったが、GKクエジャールにキャッチされた。

▽白熱した試合は84分、シオバスがキケ・ガルシアと交錯した際にファウルを犯したとして、この日2枚目のイエローを提示され退場に。10人の相手に一気に畳み掛けたいエイバルは、直後の85分に乾に代えてアレホを投入する。

▽すると試合終了間際の94分にドラマが待ち受けていた。右CKの場面でダニ・ガルシアのクロスにうまく相手DFの背後を取ったラミスが頭で合わせる。地面に叩き付けられたヘディングシュートはGKクエジャールの牙城を崩し、値千金の土壇場弾となった。

▽直後に試合が終了。この結果、エイバルは苦しみながらも白星を飾り、リーガ4試合負けなしで連勝に突入することに。対するレガネスはリーガ4試合ぶりに敗北を喫した。