(編集・制作 (株)法研

(「健康のひろば」法研より)

腕や手指に行く神経の束が血管とともに圧迫される。手指や腕のしびれ、痛み、だるさ、肩こり、肩甲骨周辺の痛みなどがおこる。

胸郭出口症候群とはどんな病気?

腕のしびれやだるさ、痛みのために、電車のつり革につかまっているのがつらいことはありませんか? 逆に、ずっと手を下げていても同じような症状が出ることもあります。こうした痛み、しびれ、だるさは腕だけでなく、首から肩、背中の肩甲骨周辺に現れたり、頭痛や手先のしびれとなって現れることもあります。こういう症状がある場合は、胸郭(きょうかく)出口症候群が疑われます。

胸郭出口というのは、鎖骨と第一肋骨(ろっこつ)の間のすき間のことで、ここには腕や手指に行く神経の束や血管が通っています。このすき間が狭くなると、神経や血管が圧迫されて、しびれやだるさ、痛みなどの症状がおこります。とくに、やせた、なで肩の人は、もともとこのすき間が狭いため、こうした症状が出やすくなります。また、こういう体形の若い女性は、首や肩を支える筋肉が弱いことから、肩がこりやすい傾向があります。

ほかに、腕を上げていると手が冷たくなってくる、腕や手指の色が青白くなってくる、首や肩、肩甲骨周辺がうずくように痛むといった症状がある場合も注意が必要です。腕や手指のしびれや痛み、手指の色の変化などは、脊椎(せきつい)の病気や肺の腫瘍などでも現れます。また、重症の場合は手術が必要になることもありますので、まずは病院を受診して診断を受けましょう。

悪い姿勢、長時間のパソコン作業は要注意

胸郭出口症候群によるさまざまな症状は、悪い姿勢を長く続けると、さらに悪化します。長時間デスクワークを続けたときなど、肩こりがひどくなることはよく経験することです。首の筋肉の緊張が長く続いたためです。

とくに、パソコン作業を行う場合は、頭が上半身よりも前に突き出た姿勢になりがちです。この姿勢を横から見てみると、とてもバランスが悪いことに気づきます。体の前方に重心が偏るのを、首や肩、背中の筋肉が引っ張って支えているわけですから、筋肉の緊張が強く、長く続くことになります。

長時間のデスクワークを続ける場合は、座る姿勢に注意が必要です。あごだけが前に突き出て重心が前に偏らないように、いすに座るときには、猫背にならないように、あごを引いた姿勢を心がけます。パソコンのキーボードの高さ、書類を置く位置にも気をつけましょう。パソコン作業中は腕が下がった状態なので、1時間に1回は、腕を頭の上に上げたり、首を動かす運動をするようにしてください。

胸郭や肩甲骨などの動きを改善するストレッチ

胸郭出口症候群の症状を改善するためには、神経と血管の通り道を広げる必要があります。それには、胸郭、肩甲骨などの位置関係や動きを改善する運動を行います。整形外科やリハビリテーション科で指導を受けるとよいでしょう。

おすすめなのは、ひじを曲げたまま腕を大きく回す運動です。ひじを体の前に突き出し、腕を大きく回してひじを外へ開きます。そのまま、ひじを下のほうへ回して、再び元の位置に戻します。これを5回、反対回しを5回、毎日仕事の合い間などに行いましょう。このとき、肩甲骨をゆっくり大きく動かすようにすると、肩周辺の筋肉に刺激が伝わってストレッチ効果も大きくなり、胸郭や肩甲骨などの動きの改善につながります。

このほか、首をゆっくり前→右→うしろ、前→左→うしろと半円に回す運動も有効です。頭の重みで首の筋肉を伸ばすような感覚で行います。これは、仕事中でもできますし、入浴時に肩周辺を温めながら行うと効果的。血行が改善されて、筋肉のコリがほぐれます。

※この記事は2008年2月に配信された記事です