仲の良い友達になってしまうと、なかなかそこから男女関係へと発展させることが難しくなります。

ただ、男性は女友達にドキッとすることだってあるので、上手に“女”を意識させたら関係性も変わってくるかも。

そこで今回は、男が女友達に「異性を感じる」ポイントを紹介します。

■「セクシーな格好」を見たとき

単純ではありますが、やはりセクシーな一面を見たら、いくら女友達であっても男性はドキッとするでしょうし、“女”を感じたりもするものです。もしも男友達を好きになってしまったのであれば、色気を感じさせることは効果的かも。

普段は見せないちょっとセクシーな格好をしてみたりするのは、男性に与えるインパクトもかなり大きいはずです。2人きりで遊ぶときに、あえてちょっと露出のある格好をしてみるというのもひとつの手です。ただ、やりすぎると逆に引かれてしまうので、程よいセクシーを目指してくださいね。

■「2人きり」で会うことが増えたとき

いつもはみんなで会うことが多いのに、2人きりで会う機会が増えだしたら、お互いにちょっと意識し出したりもするはず。いくら友達同士でも、2人きりで会っていたら、男と女を全く感じないということはないでしょう。

そもそも2人きりになることが多くなってきた段階で、お互いに多少は好意があるのではないかと感じ始めるものでしょう。友達の関係性から抜け出したいのであれば、2人きりになれる時間を少しでも多く作るように努力することが大事かもしれません。

■「この中なら○○くんかな」と言われたとき

みんなで雑談をしているときに、「この中なら○○くんが一番タイプかな」なんて言われたら、男性はそれを真に受けたりもしやすいです。まるで自分が告白されたかのような気分になり、その女性のことが一気に気になり出すことでしょう。

「会社の中なら○○くんがタイプかな」とか「このメンバーの中から○○くんかな」といったセリフは、女性が思っている以上に男性には響きます。「俺のことそういう目で見てたのかな」と、女友達に急にドキッとし始めたりもするかも。

■「弱っているとき」にそばにいてくれたとき

仕事でミスをしたときや落ち込むようなことがあったときなど、自分が弱っているときに、何も言わずにそばにいてくれる女性には、男性は心を奪われやすいです。たとえそれが女友達であっても、友達以上の感情を抱いてしまうかも。

友達であるからこそ、お互いのこともよくわかっているはず。本当につらい状況にあることをちゃんと理解してくれていることを男性も感じるでしょうから、余計にそのやさしさや思いやりに心も打たれるものですよ。

おわりに

ふとドキッとさせられることがあると、女友達であっても思わず「異性」を感じたりもするもの。そこから急に男性があなたのことを意識するようになることもあるので、友達以上の関係にだってなれるかもしれませんよ。 (山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)