2月11日金星が魚座へ 恋愛モードは「奉仕の精神」「ピュア」にシフト!

写真拡大

――金星は愛の星とよばれ、女性の恋愛傾向や恋愛運をあらわします。約1か月間、1つの星座にとどまります。金星×星座のパワーをうまく使って、恋愛上手になりましょう!

■2月11日、金星が「魚座」に入宮

 2月11日に、金星が「魚座」に入宮します。

【金星の位置】魚座
【期間】2月11日〜3月7日
【キーワード】「奉仕の精神」「芸術的才能」「ピュア」

 金星が「魚座」に入宮中のこの期間、恋愛成功のキーワードは「ピュア」です。

 真っ白なキャンバスのような、まだ何の色にも染まっていない女性が異性の目に魅力的に映ります。ピュアなままでいるのはとても難しいことですが、そう簡単には誰かの色には染まらないという強い意志が必要です。ただし、すぐに相手の色に染まってしまうと、「いいなりでつまらない」と思われる恐れがあるので気をつけて。

 また、ピュアで人を疑わないところは、長所であり、欠点にもなります。だまされないよう注意が必要ですが、疑心暗鬼になって、ガードを固くしてしまっては、恋が近寄れませんからほどほどに。

■出会いを求めている人は……感性を磨いて
 魚座に金星があるこの期間は、芸術的才能が異性を引きつけます。本を読んだり、映画・演劇をみたりして、感性を磨きましょう。本屋や図書館で本を手にとろうとしたときに同じ本を取ろうとして恋が始まる可能性も。同じ作家のファンで話が弾むこともありそう。創作活動をしている人は、同志や、あなたの作品を見て感想を言ってくれる異性とご縁あり。厳しいこと言ってくれるのは見込みがある証拠。そこに愛もありますから、感謝して受け止めると急接近しそう。

■片思いの人は……奉仕の精神を発揮して尽くして
 金星が魚座にあるこの期間は、奉仕の精神が恋を獲得するのに効果あり。相手によく思われたい、自分のことを好きになってほしいという気持ちは封印して、この期間は、相手からの見返りは求めずに、奉仕の精神を発揮して尽くすこと。相手があなたの無償の愛に気がついて、片思いが成就するなんていうドラマチックな展開も期待できるかも。もちろん、好きな人だけでなく、困っている人がいたら奉仕の精神でできる限りのことをしてあげることも必要。彼がきっと見ていてくれるはず。

■恋人がいる人は……相手の色にちょっぴり染まってみて
 魚座に金星があるこの期間は、自己主張したい人も、個性的な人も、たまには相手の色にちょっぴり染まってみましょう。ファッション雑誌やお店でパートナーが「これかわいいね」とつぶやいたなら、趣味でなくても、彼の好みに少し自分を近付けましょう。いつもと違う雰囲気のあなたに彼が惚れ直しそう。外見だけでなく、内面も彼の言葉を素直にうけとめられる真っ白な心を持つこと。ついつい否定してしまいがちだけど、本当は彼の言葉はあなたの心に響いているのでは? 素直になったほうがお得です!
(小泉茉莉花)※画像出典/shutterstock