男性と親しくなり、そろそろ初エッチか……という場面。女性も心の準備をしておかないと、思わず尻込みしてしまう場合もあります。そうなると、また最初から関係を築かないといけなくなる……。そこで、“女子が覚悟したお誘いLINE”について女性に話を聞いたので、どうぞ参考にしてください。

文・塚田牧夫

「一夜を共にしてもらえませんか?」

「私は真面目な人がタイプ。それを知っている友だちが、ピッタリな人がいると、ある男性を紹介してくれました。

会ってみると確かに真面目。ずっと剣道をやっていたとかで、ものすごく礼儀正しい。絶対に浮気とかしないだろうという感じで、私としてはストライクでした。

ただ、二人で会うこともあるんですが、いつも誘うのは私。関係がまったく進展しない。あるとき私が勇気を出して“家に行ってもいい?”ってLINEしてみたんです。しかし、それに対する返事なし。それで、終わったかな……と思ったんです。

でもそうしたら、しばらくして彼からLINEが来ました。“一夜を共にしてもらえませんか?”とありました。

なんという不器用な誘い。彼なりに頑張ったんでしょう。私は“御意”と返しました」ミホコ(仮名)/29歳

「ご褒美ちょうだい」

「夏に会って仲良くなったんですけど、付き合うまでに至らなかった人がいました。理由が、“二月に国家試験があってそれに集中したいから”というものでした。

それに向けて、三ヶ月前から誰とも連絡を取らないと言うんです。私は“待ってる”と言いました。そこから本当に三ヶ月間も音信不通になりました。

そして三ヶ月後。待ちに待った彼からのLINEが“終わったー!”と入ってきました。私が“ご苦労様”と送ると、“ご褒美ちょうだい”と返ってきました。

そこでようやく、私たちは結ばれました。禁欲生活から解き放たれた彼の欲求は凄かったです。ただ残念なのは、試験が不合格で、翌年も同じように連絡が取れなくなり、別れました」ムミ(仮名)/27歳

「親が旅行でいないから」

「昨年、久しぶりに彼氏ができました。相手は35歳。私もそろそろ結婚を考える歳でもあったので、丁度いいかなと思っていました。

ただ、ちょっと引っ掛かっていたのが、彼が実家暮らしであるということ。自立し切れていないのかな……と思う点がありました。

でも本当に誠実な人で、付き合ってもすぐには手を出してきませんでした。一ヶ月くらいしてそろそろかな……と思ったころでした。彼からLINEが来たんです。

“うちに来ない?”と。そうは言っても、実家暮らし。両親がいるのではないかと思ったんですが、“親が旅行でいないから”と言うんです。高校生かよ……と思ってしまいました。

若干引いてしまうところはあったけど、なんとか無事、済ますことができました」マリナ(仮名)/27歳

“女子が覚悟した男からのお誘いLINE”をご紹介しました。

男も勝負を賭けて、勇気を出して誘ってます。それをしっかり受け止めて、土壇場で尻込みしないよう、覚悟を決めて臨んでください。

(C) ESB Professional / Shutterstock(C) ESB Professional / Shutterstock(C) goodluz / Shutterstock