画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●400インチの8K高品質映像でオリンピックを楽しむ

2018年2月9日に開幕した「平昌2018冬季オリンピック・パラリンピック大会」。パナソニックは、この大会と連動したプロモーションを、東京・有明のパナソニックセンター東京で開催している。会期は、パラリンピックが終了する3月18日までの予定だ。

パナソニックは、平昌2018冬季オリンピック・パラリンピック大会のワールドワイドTOPパートナーであり、同じくワールドワイドTOPスポンサーを務める2020年の「東京2020夏季オリンピック・パラリンピック大会」に向けて、全国的な盛り上がりを支援するものと位置づけている。

プロモーションのコンセプトは、「感動と興奮をつなげよう!平昌 to 東京 〜Connect the Passion from PyeongChang to Tokyo!〜」だ。

「小中学生や高校生、大学生などの若年層を対象にした展示やアクティビティを実施し、平昌2018冬季大会の熱気や文化、魅力を、見て、触れて、感じとってもらえるものにしたい。これによって、東京2020オリンピック・パラリンピック大会に向けた機運を高め、全国的なムーブメントの拡大を目指す」(パナソニック)。

パナソニックでは、平昌2018冬季オリンピック・パラリンピック大会において、LED大型映像表示装置を42台、プロ用音響システムを10会場、プロジェクターを234台、セキュリティカメラを1,079台、放送用のHDレコーダーを約50台、同HDカメラを約50台、同モニターテレビを約1,000台導入。会場の盛り上がりを支援するとともに、全世界に冬季オリンピック・パラリンピックの感動を伝える支援を行っている。

○東京・有明の8Kシアターに注目

今回のプロモーションで特に注目されるのが、NHKが行っている8Kシアターだ。パナソニックの4K+対応3チップDLP方式プロジェクター「PT-RQ32K」×4台を組み合わせ、エッジブレンディング技術によって、8Kによる高画質映像を400インチのスクリーンに投影。

さらに、RAMSA Auditorium Seriesスピーカーを用いた22.2チャンネルの立体的な音響によって、臨場感あるオリンピック競技の様子を伝える。開会式は終了したが、閉会式の様子も楽しめる。

実際に、現場でフィギュアスケート競技の様子を見たが、高精細の画像と、立体感のある音響との組み合わせは、まるで会場にいるような雰囲気であり、競技の迫力をヒシヒシと感じることができた。機会があればぜひ一度体験してもらいたい。

各競技の様子は生放送するほか、パナソニックの8Kスーパーハイビジョンレコーダーに蓄積した録画も随時放映している。8Kシアターは、通常は午前10時からオープンし、午後6時で終了。2月9日の開会式は、特別に午後10時まで生放送で見られるようにしていた。8Kシアターは、2月25日まで行う予定だ(2月19日は休館日)。

●冬季オリンピック競技を体験

平昌2018冬季オリンピック・パラリンピック大会に関連する展示にも力を注ぐ。「PyeongChang 2018コーナー」では、スイスのIOCミュージアムと連携し、平昌2018冬季オリンピック・パラリンピック大会に関する映像コンテンツなどを展示。「文化」の切り口からひも解いた平昌2018冬季オリンピック・パラリンピックを体験できる。

ここでは、トーチ、エンブレムへのこだわりや秘話などを、デザイナーの映像を通じて紹介。さらに、競技場や競技内容の紹介、韓国文化の紹介コーナーも用意した。

オリジナル応援フラッグの制作コーナーやハングル文字スタンプコーナーなども設置。「Myメダルをつくろう!」コーナーでは、メダルに自分の名前を書けるようにした。平昌2018オリンピック・パラリンピック大会のメダルは、ハングル文字の子音をもとにデザインされているという。

また、オリンピックでは、各国の記念ピンを交換して交流を図ることが一般化しているが、パナソニックでもオリンピックのたびに記念ピンを制作。歴代のピンを展示したコーナーも用意しており、今回の平昌2018冬季オリンピック・パラリンピックに向けて制作された新たなピンも展示。「企業のロゴや製品ブランドが入ったピンは珍しいことから、パナソニックのピンは、どの大会でも人気になっている」という。オリンピックマニアには、見逃せない展示となりそうだ。

フォトコーナーでは、キャラクターのぬいぐるみなどと一緒に記念撮影ができる。手持ちのスマホやデジタルカメラで写真を撮れるほか、パナソニックのカメラシェアリングサービス「PaN」を利用した撮影も可能だ。PaNは、LUMIXのミラーレス一眼カメラを使って記念撮影し、撮った写真は無料でダウンロードできるサービス。これまで観光地などで試験運用を行っており、今後の実用化に向けて準備が進められている。

競技体験コーナーでは、コントロールスティックを用い、障害物を避けながらゴールを目指す「アルペンスキー」のタイムトライアルを、レトロなゲーム感覚で体験できる。また、ボブスレー連盟との連携により、競技用そりを展示し、試乗や記念撮影をできるようにした。2月10日には、日本バイアスロン連盟との連携で射撃イベントを開催。連盟スタッフによる技術指導とともに、レーザーライフル銃を用いた射撃体験が行われた。バイアスロン競技用ライフル銃や、競技ウェアの実物展示も行う。

●最高に盛り上がるのは2月22日〜24日?

今回のプロモーションが最も盛り上がるのは、2月22日〜24日になりそうだ。

この期間は、パナソニックセンター東京前のイーストプロムナード・石と光の広場にて、東京都が主催する「東京ライブサイト in 2018」が開催され、連動したスタンプラリーなどが行われる。「東京ライブサイト in 2018」では、屋外の220型LEDスクリーンによって、オリンピックの一般放送がパブリックビューイングとして楽しめる。

「2月25日に開催される東京マラソンの参加者が、ゼッケンを受け取る場所が東京ビッグサイト。この期間中は、東京マラソン参加者の来場にも期待している」(パナソニック)。

2月23日には、パナソニックセンター東京において、東京2020オリンピック・パラリンピック大会のスポンサーである明治とのコラボレーションイベントを行う。丈夫なカラダをつくるための健康チェックコーナー、「食」について学ぶワークショップ、東京2020オリンピック・パラリンピック大会のオフィシャル商品に認定された「プロカルヨーグルト」の試食会などが行われる。

2月24日には、パナソニックセンター東京、大阪・梅田のパソナニックセンター大阪、福岡のパナソニックリビングショールーム福岡、札幌オリンピックミュージアム、長野オリンピックミュージアム、名古屋の中京大学……という6拠点を結んだ連動イベント「有明から全国へ!平昌 to 東京2020ムーブメントを、みんなで広げよう!」を開催。

札幌オリンピックミュージアムからは、元スキージャンプ選手の船木和喜さん、中京大学からは元アイススケート選手の小塚崇彦さんが、それぞれオリンピックの魅力について語る。パナソニックセンター東京からは、パナソニックが30年間にわたって務めてきたオリンピックスポンサーとしての意義などについて発信。

また、共同通信社と連携した「キッズプレスセンター」の取り組みも紹介する。各拠点で約20人のキッズ記者が、東京2020オリンピック・パラリンピック大会に向けて行った、地元選手に対する取材の様子などを発信する。それぞれの地域を双方向で結んだユニークな取り組みになりそうだ。

パラリンピック向けのイベントとしては、3月10日に、チェアスキーの水島選手(パナソニックの社員でもある)のトークセッションや、パラリンピック競技器具の紹介が行われる。3月17日にはバイアスロンの競技体験なども予定。3月9日〜18日は、WOWOWとの連携により、9面マルチスクリーンでパラリピアンを取り上げたドキュメンタリー作品「WHO I AM」を特別上映する。

パナソニックセンター東京では、2017年7月のリニューアルで、東京オリンピック・パラリンピックをテーマにした展示を開始している。今回の平昌2018冬季オリンピック・パラリンピック大会に関するプロモーションをきっかけに、東京2020夏季オリンピック・パラリンピックの盛り上げにつなげていく考えだ。