元Google社員だった、2人のエンジニアが創設したベンチャー企業「Nuro」。今では、AppleやUber、Teslaの元社員も集まっているようです。加えて、アメリカのトップ大学と名高いHarvardやCambridge、MIT、Stanfordの卒業生までも。

そんなアメリカの秀才たちが一堂に会し、「ロボットの良いところを日常生活に最大限活かす」という企業ミッションを胸に、18ヶ月間注力したら…。なんと、約100億円の出資を集める結果になりました。

いったい、どんなアイデアが生まれたのでしょうか。

荷物を玄関まで
無人で届けてくれる

彼らが開発したのは、自動運転技術を搭載した車。使用用途は、何かを宅配するときに使われるようです。

具体的な例は、提携しているスーパーがオンラインで注文のあった商品を、この車に入れて、たくさんの家の前まで配達をするといったイメージ。つまり、買い物に行く機会がグッと減るということ。

“あえて”小さくしたデザイン

「Nuro」が車のサイズを普通乗用車よりも小さくデザインしています。ここは、ワケがあります。

曰く、コンパクトに仕上げることで、人が急に飛び出して来たときに、轢いたり追突してしまったりする、事故の確率を下げてくれるようです。

ちなみに、すでにカリフォルニア州から走行の許可を得ていて、遅くても年内にテストを実施するとのこと。

買い物に行くのが「めんどくさい」と考える人は、きっと重宝するでしょう。

Licensed material used with permission by Nuro