ハンドメイド初心者でも上手に作れる!ピンクッション♡

写真拡大 (全12枚)

ピンクッション

材料(ピンクッション 1個分)

直径8cmと直径5cmに切った円の布
ペットボトルのキャップ 1個
綿 適量
リボンやレース 約11cm(キャップの円周と折返し分5mm)
はさみ
縫い針
縫い糸
両面テープ
木工用ボンド(または手芸用ボンド)
あれば飾り用のリボンやレース等
毛糸や麻ひも等(直径5cmの布の代わりにキャップに巻く場合) 約1m(糸の太さにもよります)

作り方

 〇2本取りで布(直径8cm)の内側約1cmのところをぐし縫いする。

◆〇紊鮠しずつ絞りながら、綿を詰めていく。詰め終わったら糸をぎゅっと絞り、玉止めをし、糸を切る(画像では分かりやすいように赤糸を使用)。

 ペットボトルのキャップの外側の底面、側面に両面テープ(ボンド)を付ける。

ぁ”曄閉招5cm)の真ん中にのキャップを置き、側面も貼る。

または、底面の中心部からグルグルと麻ひも等を側面の上端まで巻く。

ァ.ャップの内側の底面と側面にボンドを塗る。

Α´イ離ャップに△離ッションの糸で絞った方を入れ込む。

【麻ひもを巻いたバージョン】
クッションとキャップの境目がきれいでしたらこれで出来上がりですが、キャップが見えてしまったり、物足りない場合はリボン等でデコレートして、出来上がり♪

【キャップに布を張るバージョン】
キャップの側面に巻くリボンの端の一方だけを5mm折りこんで両面テープ(ボンド)で貼る。(い硫菫右端参照)。
リボンの片面全体に両面テープ(ボンド)を付ける。端を折りこんでいない方からぐるっと一周側面に、クッションの布とキャップの境目が見えないように貼って出来上がり♪(下のアレンジ2リングピンクッションの画像を参照)

また、底面に貼る布を直径7cmでも作ってみました。端を内側まで折る込めることができ、キャップの外側全体を覆えるので(下の上段右)、すき間を覆うリボンを貼らずに済みます。が、布が余ってかなりしわができてしまいます。もっときれいにギャザーを寄せるか、画像のようにリボンを結ぶ等すると良いかなと思います。出来上がり♪

キャップの外側を覆う材料、方法(布の大小、麻ひも等)はお好みでお作りください。

アレンジ1:マグネットピンクッション

作り方

キャップ内側の底面真ん中にボンドを塗り、マグネットを入れる。あとは、同様に作る。

ミシンにくっつけると縫いながら、抜いた待ち針を刺せて作業がはかどります!

作業の途中、折れてしまった針等を一時的にくっつけておくこともできます。また散らばった針の針集めにもなります(画像右)。画像左の様にマグネットとして使う等、色々と活用できますよ!

アレンジ2:リングピンクッション

作り方

指を入れるゴムを付ける。

ゴムをキャップの内側まで入れ、ゴムがキャップの内側面と外側面に接しているところをボンドでくっつける。あとは同様に作る。

ゴムの長さは、指を入れて試し調節してください。

こちらもミシンをかける時、指に入れておくと、外したマチ針を刺しながら縫えます。またチクチク手縫いの場合も、ちょっと針を休めたい時に刺しておけるので便利です!

余り毛糸があれば、綿の代わりに細かく切ってクッションの中身に使えます。針の滑りが良くなることを考慮すると、中身はできれば油分を含んでいるものが良いようなので、ウールの毛糸やフェルトでしたらなお適しています!   

おうちに眠っているはぎれをリサイクルして、ハンドメイドを楽しみませんか。

ミニピンクッション、とっても簡単で短時間に作れて実用性もあります。是非作ってみてください♪


【あなたにおすすめの記事】
■冬のキッチンを飾るポットホルダーの作り方♪
■憧れの北欧ファブリックをハンドメイドで
■セリアの「手織りツールセット」で作るオリジナルコースター
■プロが解説!アクセサリー作りの基本の道具と材料を知ろう!
■かぎ編みで簡単&可愛いハンドメイドピアス・イヤリング♪