<ISPS HANDA ワールドスーパー6パース 3日目◇10日◇レイクカリーニャップCC(7,143ヤード・パー72)>
欧州・アジア・オーストラリアの3ツアー共催大会「ISPS HANDA ワールドスーパー6パース」の3日目。全選手が競技を終え、この日スコアを5つ伸ばしたプロム・ミーサワット(タイ)が、トータル12アンダー単独首位に立った。
【連続写真】ドライバー巧者・小平智のキモはインパクトでの左カカト
2打差2位タイには、ショーン・クロッカー(米国)、ルーカス・ハーバート(オーストラリア)、トービヨン・オルセン(デンマーク)が並んだ。
同大会は3日間で54ホールのストロークプレーを行い、最終日に上位24選手がマッチプレーで頂点を争う変則トーナメント。トータル4アンダー14位タイから出た宮里優作は、トータル8アンダー5位タイで最終日へコマを進めた。
また、17位タイに9人が並んだためプレーオフを実施。この日、トータル5アンダーの17位タイでフィニッシュした小平智は1ホール目で勝ち上がり、薄氷ながらマッチプレー進出を決めた。小平のほか、プーム・サクサンシン(タイ)ら6人が1ホール目でプレーオフを突破したが、キラデク・アフィバーラント(タイ)とアンソニー・クイレ(オーストラリア)は4ホール目までもつれ込んだ。アフィバーラントがこれを制して、残り1枠の切符を掴み取った。
なお、谷原秀人はトータル1オーバー65位タイ、片岡大育はトータル2アンダー40位タイでそれぞれ涙をのんだ。
※記事に誤りがあったため再配信いたします。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

マスターズ圏内に入った小平智の新たな悩み
好位置で決勝進出の片岡大育 飛ばない男が目指す“二刀流”
【注目選手スイング解説】賞金王・宮里優作は細い軸で回転できる筋力がスゴイ
浮き彫りになった長所と短所 石川遼、復活Vへの道筋は?
松山英樹が次週のジェネシス・オープン欠場 左手親指の治療専念