でん部負傷のカバーニ、CLマドリー戦に照準

写真拡大

▽パリ・サンジェルマン(PSG)のウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニが、次節トゥールーズ戦を欠場するようだ。フランス『レキップ』が伝えた。

▽現在、でん部を負傷中だというカバーニ。『レキップ』が伝えるところによると、チームのフルトレーニングはこなしたものの、10日のリーグ・アン第25節トゥールーズ戦に向けてPSGが発表したメンバーには含まれていなかった。

▽PSGはトゥールーズ戦後、14日にチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグでレアル・マドリーとの大一番を迎える。チームを率いるウナイ・エメリ監督は、大事を取って、カバーニのチーム帯同を控える判断をしたようだ。

▽今シーズンでPSG在籍5シーズン目を迎えたカバーニ。リーグ戦第23節のモンペリエ戦で、それまでズラタン・イブラヒモビッチ(現マンチェスター・ユナイテッド)が持っていたクラブ通算156得点の記録を塗り替え、PSGの歴史に名を残す大エースになった。今季もここまで公式戦33試合で28ゴールを挙げているウルグアイの点取り屋は、マドリー戦に照準を合わせるようだ。