キュートな麺にくぎづけ!老舗麺屋が営むお店でお得にランチ

写真拡大 (全13枚)

店舗は原宿駅からすぐ。竹下通りの喧騒を外れた静かな小径にある洋館風スタイルの建物。

中華料理ですが、瀟洒な洋館風の建物でいただけるのも楽しみのひとつです。

JR原宿駅から竹下通りに入り、ダイソーの向かいの小道へ右折し、道なりに進みます。カフェ・CHRISTIE HARAJUKUの脇を左折し、道沿い右手脇の階段を上がると、徒歩3分ほどでこの洋館風の建物が原宿はしづめに到着します。ドアを開けると、ピアノや調度品のあるエントランスホール。2階に上がる雰囲気のある手すりのついた螺旋階段ワクワクすること間違いなしです。

大正ロマン風の落ち着いた店内

2階の入口を入るとまずは蔵を使い和風の設えをしたエントランスが印象的です。落ち着いた店内を彩るのは、アンティークなランプ。落ち着いた食事を約束してくれる空間です。

心躍るかわいらしい麺の演出と麺との組み合わせが楽しいメニュー

メニューと共に持ってきてくれるのは、折り紙の上に置かれたかわいらしい乾麺の数々。翡翠、ごぼう、山椒など、さまざまな味のバリエーションがありますが、この乾麺以外にちぢれ麺やリングイネなどもあり、麺選びに悩む時間も幸せな時間。

メニューには麺のメニューとお店おススメの麺が記載されていますが、一部メニューを除き自分好みのアレンジで麺をチョイスすることもできます。

食べたい麺と食べたい具材を組み合わせて自分好みにカスタマイズ。その都度組み合わせを変えれば、何度行っても飽きない麺料理が楽しめます。

麺との絶妙な相性が楽しめます!

例えば「粗挽き肉みその担々麺」は、胡麻とラー油、そして山椒を使った四川を代表する担々麺の麺料理ですが、この山椒を練りこんだ麺を合わせることでより山椒の味わいをより一層楽しむことができます。

2種類の花山椒を使った麺は、麺をすすった時の山椒の香りだけでなく、さらには麺から山椒が染み出てきたスープも楽しめます。時間の経過とともにより山椒を感じる担々麺へと変化していきました。

「トリュフの身体温まる豆乳スープ麺」は、贅沢にもトリュフ入り。優しい豆乳のスープの中にはキノコなどの野菜が入っています。生姜麺を組み合わせることで、麺の中に使われた生姜がスープに溶け込み、時間の経過とともに生姜の味がスープにも移ります。スープと麺の楽しいコラボレーションが楽しめます。

「熟成豆板醤で煮込んだ五目麺」は、5目じゃなくと、15目じゃない?と思うほど、たくさんの種類の野菜やシーフードが入り具沢山。熟成豆板醤を使った深い味わいのスープともちもちむっちりの麺の食感も楽しめるようになっています。

+300円のランチセットはお得!そば前とデザート付きの楽しい麺メニューに!

麺だけのアラカルトでもOKですが、ランチタイムはお得なセットでも楽しめます。

ディナータイムは、江戸時代より続く日本蕎麦の文化である「そば前」を中華料理のスタイルで、はしづめ流にアレンジし、酒の肴としてちょこちょこ楽しめるスタイルで、〆として蕎麦を合わせるスタイルですが、ランチタイムはちょっとしたそば前と春巻き、そしてデザートがついたセットが+300円を合わせることができます。

ある日のそば前は、岩手産真蛸と胡瓜の胡麻和えでしたが、楽しめるサイズで登場します。

そば前の後には、揚げたての春巻きも登場します。この日はなんとデミグラスソースの味付けでした。料理長が様々なアレンジを施し、その日その日で違う味付けの春巻きを作っているそうです。

最後は甘さ控えめのつるんとした杏仁豆腐で〆ます。どうです。300円で、この充実ぶりは。1500円の「ゆったりランチコース」もかなり内容豊富ですし、麺だけでも楽しいのですが、「ランチ麺セット」は、まずははしづめを体験するために、確実に組み合わせて欲しいセットです。

・粗挽き肉みその担々麺 1,200円
・トリュフの身体温まる豆乳スープ麺 1,800円
・トリュフの身体温まる豆乳スープ麺 1,400円
・ランチ麺セット +300円
・ゆったりランチコース +1,500円

店名原宿はしづめ住所渋谷区神宮前1-15-14 ルセーヌ1号館 2F定休日月曜日webhttps://www.hashizume.shop


【あなたにおすすめの記事】
■自家製生パスタ『ポタパスタ』メニュー豊富で安くて美味しい!
■どんぶり&ツヤツヤうどんを堪能!日本橋の金子半之助
■渋谷でランチ♪大人女子におすすめ!お洒落な奥渋レストラン
■東京ラーメン/あっさりシンプルな至高の一杯
■屋上庭園に行列が出来るカレー店「オクシモロン」