カナダ人が選ぶ「最高の会社」ランキング グーグルが首位に

写真拡大

フォーブスが毎年発表する「カナダで最高の会社」ランキングで、過去2年間トップ10入りを果たしてきたグーグルが、今年はついに1位に躍り出た。

同ランキングは独オンライン調査企業のスタティスタ(Statista)とフォーブスが共同でまとめたもので、カナダで事業を展開する企業のうち、従業員からの支持が高い上位300社を順位付けした。スタティスタは、25の業界で、従業員数500人以上の大企業・組織に勤務する8000人のカナダ人を調査。0〜10の段階評価を用いて、自分の働く企業を評価してもらった。

調査は雇用主を通さずインターネット上で行われ、回答者の性別や年齢、地域、教育レベル、人種はカナダの一般的な従業員層を反映したものだった。

首位を飾ったグーグル従業員の評価平均は、10点満点中9.39だった。同社は2016年に9位、昨年は9.1点で全体4位につけていた。同社のカナダ本部はトロントに位置し、699人の従業員を抱える。

昨年の31位から2位に躍進したのは、ペーパータオルやトイレットペーパーなどの紙製品を製造するクルーガー・プロダクツ(Kruger Products)。従業員評価平均は9.3だ。同社は1904年にモントリオールで設立され、現在はオンタリオ州ミシサガに本社を置いている。従業員数は2166人。

3位にランクインしたのは、平均スコア9.23を獲得したイドロ・ケベック(Hydro-Québec)だ。昨年の順位は23位。モントリオールを拠点とする同社は、電力の生産・供給を行い、1万9552人の従業員を抱える。

トップ10には教育機関が3つランクインし、強い存在感を見せた。2017年にトップだったクイーンズ大学は今年6位に後退した一方、昨年91位だったコンコルディア大学は7位に躍進。オタワカールトン地区教育委員会も昨年の82位から大きく順位を上げ、10位となった。

今年初めてランク入りした医療サービス企業のビタリテ・ヘルス・ネットワーク(Vitalité Health Network)は、カナダ東部のニューブランズウィック州に本社を構え、7400人の従業員を雇用する。従業員からの評価は9.17で、全体5位となった。

「カナダで最高の会社」ランキングのトップ12は以下の通り。

1位 グーグル(IT・インターネット・ソフトウエア&サービス)
2位 クルーガー・プロダクツ(紙製品)
3位 イドロ・ケベック(電力)
4位 SAP(IT・インターネット・ソフトウエア&サービス)
5位 ビタリテ・ヘルス・ネットワーク(医療・社会)
6位 クイーンズ大学(教育)
7位 コンコルディア大学(教育)
8位 シーメンス(エンジニアリング・製造)
9位 サスクテル(通信サービス・ケーブルテレビ放送)
10位 オタワカールトン地区教育委員会(教育)
11位 マニトバ公営保険(保険)
12位 カナダ銀行(銀行・金融サービス)