画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●FREETELのスマホ事業「買って良かった」

MAYA SYSTEMは9日、プラスワン・マーケティングより譲渡を受けた「FREETEL」ブランドのスマートフォン事業について、メディア向けの説明会を開催した。

スマートフォンの製造・販売事業、およびMVNO事業を手がけていたプラスワン・マーケティングは、資金繰りの悪化を理由に2017年秋、国内MVNO事業を楽天に譲渡。12月4日には東京地裁に民事再生法の適用を申請し、残るスマートフォンの製造・販売事業をMAYA SYSTEMに譲渡している。

MAYA SYSTEMはコールセンター業務や人材派遣業を皮切りに、ITソリューション事業、IoT事業などを幅広く手がける企業。ITソリューション事業では、eSIMを内蔵し、SIMカードを入れ換える手間なく世界中のモバイルネットワークに接続可能な、4G LTE対応モバイルWi-Fiルータ「jetfi(ジェットファイ)」のレンタル、販売業務を主軸に据える。

○eSIM搭載スマートフォンの開発に着手

プラスワン・マーケティングには、eSIMを搭載する独自端末の開発を目指していたMAYA SYSTEM側からアプローチし、2017年6月頃から協業に向けた検討を重ねていた。出資も模索していたが、その過程でプラスワン・マーケティングが民事再生法の適用を申請する事態となったため、同社から「FREETEL」ブランドのスマートフォン事業を譲受することにしたという。

説明会に登壇した吉田利一社長は、プラスワン・マーケティングの運営について、「一気に手広くやり過ぎたのではないか」と冷静に分析。一方でFREETELのスマートフォンについては「日本の消費者に向けた端末を手がけている」と高く評価していて、「周囲から買って良かったかと聞かれるが、答えはイエスです」と力強く宣言した。

「FREETELの優秀な社員と、30万人近いカスタマー、販売チャネル、良くも悪くも知られているブランドが得られたことは、我々にとって大きなプラス」と吉田社長。FREETELを得たことによって、同社が目指してきた国境を超え世界中で使える「eSIM搭載のスマートフォン」の早期提供が可能になったという。「eSIM搭載のスマートフォンがあれば、モバイルWi-Fiルーターとの2台持ちや、プリペイドSIMも不要。さらに将来はVPNの機能も提供する予定で、中国などでもLINEが使えるようになる」と、そのメリットを紹介した。

○FREETELのカスタマーサポートも増強へ

同社ではまず、FREETELのカスタマーサポートを、MAYA SYSTEMが手がけるコールセンター事業にアウトソーシングすることで、サポート体制の大幅な強化をはかる計画。さらにeSIM搭載のスマートフォンだけでなく、eSIMを使ったグローバル市場向けのIoTチップも開発。IoTアプリケーションを手がける子会社と連携をはかるなど、グループとしてのシナジーを最大限に高めたい考えだ。

なおグローバルでの販売チャネルに関しては、もともとMAYA SYSTEMが拠点を構えていた台湾、ベトナムに加え、プラスワン・マーケティングの拠点があるドバイも活用。各拠点を足がかりに、スマートフォンをアジアやアフリカの新興国へ展開していく。

●デュアルカメラや着せ替えカバー付きの新スマホ

MAYA SYSTEMはこの説明会にあわせて、「FREETEL」ブランドの最新スマートフォン「REI 2 Dual」と「Priori 3 LTE」の2機種も発表。説明に立ったECマーケティング部の山崎正志部長によれば「これまでのFREETELのスマートフォンはいわゆるODM生産だったが、今回の製品は設計から開発まで日本のチームが手がけた」という。

FREETELのメインストリームのスマートフォンとしては初めて、チップセットにQualcomm製のSnapdragonを採用するほか、「REI 2 Dual」はSony製のセンサーを採用した1300万画素のダブルレンズや、1600万画素のインカメラも搭載。「独自設計によるUIやカメラ機能も大幅に強化した自信作」という。従来通りビックカメラ、ヨドバシカメラなどの量販店で販売予定だ。

○開発するeSIM搭載スマホは「最低39バンド対応」

国内SIMフリー市場はファーウェイやASUSなど、海外メーカーがシェアを拡大しているが、「大手とまともに戦うのはリスクがある」と吉田社長。今あるFREETEL製品のラインナップを整理しつつ、早期にeSIMを搭載したスマートフォンをリリースし、「MVNOの弱みである海外でのスマホ利用のサポート」を目指す。

「REI 2 Dual」は国内3キャリアはもちろん、海外キャリアの主要バンドもカバーしているが、今後導入されるeSIM搭載のスマートフォンでは、さらに対応周波数が重要なポイントとなる。吉田社長は「最低でも39バンドはカバーしたい。対応周波数帯という点でも、REIシリーズが中心になっていくのではないか」と見通しを示した。