写真=iStock.com/William_Potter

写真拡大

■デイトレードではすべての資産を失った

短期間で儲かるという触れ込みの、株の短期売買に惹かれる人は多い。日本でもシンガポールでもそれは同じだ。私自身、投資を始めたばかりのときは、短期売買のセミナーで株のイロハを学び、デイトレードに挑戦した。一時はそれで資産を増やせたものの、ITバブル崩壊で、その資産はすべて失っている。

さて、2017年末、日本株市場は比較的好調に推移し、今後も明るい観測を持つ人が多い。だが、相場の確実な未来予測は不可能であり、暴落は突然起こる。短期売買で過度にリスクを負って運用していると、私のように暴落ですべてを失う可能性は高い。

そんな事態を回避するには、好調な相場の波に乗っているだけの投資スタイルを見直すことをおすすめしたい。

そこで注目したいのが「バリュー投資」。世界長者番付第2位の投資家として名高いウォーレン・バフェット氏が実践し、その有用性が世界的に認められている手法だ。

バリュー投資では割安株の成長を長期で待つ。優良な投資対象を探すのにほんの少しの手間はかかるが、買った後はある程度放っておいてもよく、毎日株に多くの時間を費やさずに済む。

■バリュー投資の4つのポイント

肝心の探す基準は4点ある。

第1は「自分が事業内容を理解できる企業」を選ぶこと。何をやっているかわからない企業には一銭もつぎ込んではいけない。当たり前の話だが、意外にできていない人は多い。

第2に「業界内で突出した競争力を持つ企業」であること。過日、スポーツ用品メーカーのアンダーアーマーの大幅減収が話題になったが、これは同社が競合他社を出し抜くほどの競争力を発揮できなかった証左。消費者目線でも企業の競争力はある程度わかるので、必ず確認しよう。

■バリュー投資は相場の暴落時にも強い

第3に「利益が伸びていて、効率的に稼いでいて、負債が多すぎない企業」であること。これは、財務諸表などでEPS(1株あたり純利益)、ROE(株主資本利益率)とROA(総資産利益率)、フリーキャッシュフローなどの数値を最低5年分見ればわかる。EPSとフリーキャッシュフローは増加していることが重要。ROEは15%以上、ROAは7%以上を維持していることが目安になる(※業種により目安は多少異なる)。

ここまでの条件を満たしたうえで、第4の基準は「将来性が期待できること」。これからのテクノロジーの進化で、明らかに失速していきそうな業種は避けるべきだし、経営者のインタビューから、時代に合わないビジョンを掲げていると感じられたら、やはり投資対象にはならない。

さて、駆け足でバリュー投資の株の選び方を紹介した。少し難しそうに思われたかもしれないが、実際にやってみると、これらの基準を意識すれば優良銘柄探しは案外難しくはなく、時間もかからない。

また、バリュー投資は相場の暴落時にも強い。08年のリーマン・ショックは、多数の企業や投資家の破滅を招いたが、他方、普段は高値の優良株が暴落したところを買い、莫大な富を得たバリュー投資家も多かった。バリュー投資家にとって、市場全体の暴落は恐怖ではなく、むしろハッピーな出来事なのだ。

このように、バリュー投資なら損はしづらくなり、暴落さえも怖くなくなる。株と長く付き合い、お金の不安がなくなるほど資産を築きたいと願うなら、18年はバリュー投資家デビューをしてみてはいかがだろうか。

(バリュー・インベスティング・アカデミー創設者 Cayden Chang 構成=元山夏香 写真=iStock.com)