20〜30代の独身女性の彼氏がいない確率が50%を超える今。いつの間にやら少数派になった彼氏持ちの女性の中には、彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちがいます。彼女たちが本命になれない原因は何なのでしょうか……。彼女たちの過去の恋愛から、その原因を探っていきます。

☆☆☆

今回お話を伺ったのは、都内の企業で派遣スタッフとして働いている大畑未来さん(仮名・34歳)。鎖骨まであるゆるいウェーブのかかった茶髪に、ゆったりとしたシルエットのVネックのセーターと、黒のストレートパンツを履いています。目を囲むようにしっかりと引かれたアイラインと、ぽっちゃりとした体形が印象的な女性です。「高校生くらいからずっと太っているんです。学生の頃はここまでじゃなかったんですけどね(笑)。ストレスで食べちゃうんですよ(笑)」と、明るく答えてくれたその姿は社交性の高さを感じました。そんな彼女のセカンド気質はどこにあるのか――。生い立ちや、学生時代の恋愛から話を伺っていきます。

「出身は愛知県で、両親と2歳下に妹がいる4人家族です。父は普通のサラリーマン、母親もどこにでもいるパートをしている主婦です。家族仲は昔から良かったと思います。特に厳しいこともなく、裕福でも貧しくもなかったですね。習い事もピアノや習字など、希望したものは通わせてもらっていましたし。両親の仲も良くて、子供たちを置いて2人でよく出かけていました。なので、私もいつか両親のような夫婦になれたらなと憧れていますね」

初めて彼氏ができたのはいつですか?

「大学生の時です。中学、高校はまったくモテなかったんですよ。中学は何もなくても特に気にしていなかったんですが、高校になると自然と彼氏ってできるものだと思っていたんです。でも誰からも好意を示してもらえず……。私自身も好きになった人はいましたが、その人と友人になってしまって、告白できる感じじゃなくて。男友達ばかりがたくさんできた学生生活でしたね……。

初めての彼氏は大学時代のコンパで知り合った人です。1歳上の大学生で、私を最初から女性扱いしてくれて、その優しい感じに最初から気になっていました。その後連絡先を交換して、何度かデートをして私から告白しました。彼はOKしてくれて、その日のうちに男女関係に。会う度にそういう行為だけがある感じで違和感はありつつも、付き合うって男友達ではしないことをする関係だと思っていた私はすべてを受け入れていました。でもやっぱりおかしかったんですよね。結局彼は3か月ほどで別に好きな人ができたと振られました。友人が調べたところによると、私と付き合っている間もずっと彼女はいないと言っていたみたいで、新しい人を探していたんですよ!私はつなぎだったんだなと、そんな苦い初恋でしたね……」

就職先では、社内恋愛を繰り返してしまい……

大学を卒業後は、地元・名古屋の企業に就職。経理事務を担当する部署に配属され、社内の複数人と男女関係になってしまったと言います。

「惚れっぽいんですよ。ちょっと優しくされたらすぐ好きになってしまうんです。会社って新入社員の女性はそこまでかわいくなくても、ちょっとチヤホヤされるじゃないですか。私は経理だったので、営業の部署など他の部署の人とも交流があって、仲良くなる機会があったんです。そこで2人で飲みに行って優しくエスコートされると、すぐに好きになってしまって……。でも1度男女関係になると、大概の人にフェードアウトされてしまうんですよ。誰とも付き合うまでいかなかったですね……」

そんな中、男女関係にならずに仲良くしていた男性もいたそうです。

「彼は4歳上の既婚者の男性で、私のことを少しも意識していない、私のほうも彼のことを男性として見ていない関係でした。まったく気を使わない関係だったので、私の社内の異性事情なども包み隠さず話していたんです。彼も、社内に不倫関係にある女性社員がいたので、その話から嫁の愚痴も聞いていました。彼とは週1〜2回は2人で飲みに行っていたと思います。もちろん何もないですよ。でも、そのことが彼の不倫相手の反感を買ったみたいで……。彼はその女性と揉め出し、そのことが私にも飛び火して、彼女と仲良くしていた女子グループを敵にまわしてしまったんです。いじめとまではいかなくても、トイレなどで聞こえるように悪口を言われたり、変な噂を流されたり……。そんなことが続いて、会社に居づらくなり、退職しました。

そして、学生時代の親友が東京で就職していたので、私もすべてをリセットしたくて東京に行きました。でも、そんな感じで会社を辞めたのに、その友人の彼のことはリセットできずに、その後も連絡は取っていました。彼は東京に出張に来ることが多くて、その度に会っていたんです。最初は本当に純粋な友人関係だったのに、あることがきっかけで彼は私を口説いてきたんです」

いくつになっても女性はトイレでたまり、誰かの悪口を言う……。社内不倫の巻き添えをくって、矛先を向けられた未来さんだった。

友人だと思っていた彼から突然のアプローチ。新しい不倫要員だと薄々わかっていたものの……。〜その2〜に続きます。