あの「ドラえもん」の内部メカを忠実に再現したことで話題になった、バンダイのプラモデル「Figure-rise Mechanics(フィギュア-ライズ メカニクス)」シリーズ。今度は『Dr.スランプ アラレちゃん』のキットを2018年4月に発売するという。

【詳細】他の写真はこちら



もちろん今回も作中に登場した「アラレちゃんのすべてがわかるX線写真」に基づき、内部メカの構造を完全再現している。外装は既発アイテムの「ドラえもん」同様、内部メカを透視できるクリアパーツと差し替え可能。ついでに「うんち」も通常カラーとクリアパーツのものが付属する。価格は税込2700円だ。

「アラレちゃん」(則巻アラレ)は1980年から週刊少年ジャンプにて連載された漫画作品「Dr.スランプ」、ならびにテレビアニメ「Dr.スランプ アラレちゃん」の主人公。女の子タイプの人間型ロボットで、すさまじい怪力や天真爛漫な性格が魅力の個性的なキャラだ。プラモデルでもそのキャラクター性を忠実にとらえ、「んちゃ」の挨拶をする際の手や、お腹の内部メカなどがししっかりと作りこまれている。

同シリーズの「ドラえもん」とともに内部メカが見える状態でディスプレイしたり、同じ鳥山明作品である「ドラゴンボール」シリーズのプラモデルと並べたりと、バンダイの他アイテムと組み合わせてのプレイバリューが見出せそうなこの製品。予想外のプラモデル化ではあったが、なかなか楽しめそうだ。

関連サイト



Figure-rise Mechanics [フィギュアライズメカニクス] (バンダイ ホビーサイト)

text渡辺 "d." 大輔(編集部)