元NHKの登坂淳一アナウンサー(46)がキャスター就任前に“降板”したフジテレビの新報道番組「プライムニュース」。新キャスターに同局の島田彩夏アナ(43)と倉田大誠アナ(35)が起用されることが明らかになったが、局内からは不安の声が上がっている。

 フジは宮内正喜社長の肝いりで、現在の報道番組を硬派路線に変更することを決定。“麿”はその目玉になるはずだったが、土壇場でズッコケたことで局内に動揺が走っている。登坂アナに代わる“大物探し”は早々に諦め、局アナから急ピッチで後任の選考を進めてきた。

「局内“エース”の伊藤利尋アナ(45)は春から『とくダネ!』で小倉智昭さんとコンビを組むことが決まっている。4月で入社4年目となる“次世代のエース”宮司愛海アナ(26)を起用し、反町理報道局解説委員長(53)とコンビを組ませる案も浮上しましたが、編成担当から『人気の宮司アナを報道に縛るのはもったいない』とNGが出ました。

 結局、反町解説委員長の“オジサン色”を薄めるためにイケメンの倉田アナを昼のワイドショーから持ってきたのですが、それだけでは安定感に欠ける。そこで夕方の『みんなのニュース』で現在メインキャスターを担当している島田アナを続投させることにしたのです」(フジ社員)

 “消去法”みたいな選択に、番組が1年間持つか、4月2日のスタート前から不安視されているという。

 現在、「みんなのニュース」の視聴率は17時台が2〜3%、18時台は4%台と低迷。10%近い数字を稼ぐ日テレの「news every.」やテレ朝の「Jチャンネル」に引き離されている。

 元フジテレビアナウンサーの長谷川豊氏が言う。

「登坂アナの降板で『プライムニュース』はミソがついてしまった。“身体検査”を怠ったフジ上層部の大失態ですよ。島田アナと倉田アナの実力は申し分ありませんが、番組を衣替えしたところで、今から飛躍的に視聴率を伸ばすのは難しい。秋改編でキャスターの変更があると吹聴する局員もいます」

「プライムニュース」のコンセプトは「明日が見える。未来はここにある」。しかし、番組の明日が見えなくなってきた。