肩こりの予防にも!?重いバッグを軽くする“なるほど!”なアイデア

写真拡大

 女性はとくにそうですが、バッグにあれこれ詰め込みがちで、かなりの重さになってしまうことがありますよね。そんなバッグを持ち歩くのは一苦労。そこで、バッグを軽くするためのポイントを、チェックしておきましょう!

●毎日バッグの中身を全部出す

 料理家・おもてなしプランナー高木ゑみさんの「ためない生活。」(主婦と生活社刊)によると、帰宅後、バッグの中身を全部出して空にするとよいのだそう。そして、ゴミは捨て、必需品ボックスなどを用意し、必要なものを入れておくのだそうです。翌日に出かけるときは、必要なものだけをピックアップし、そのアイテムの量に適したバッグに入れるのだとか。これなら、毎日同じバッグではなく、その日のファッションに合わせたコーデもできますね。また、必要なものとそうでないものを整理することで、バッグの中に何が入っているかもわかるので、「ハンカチが2枚も!?」「同じガムをまた買ってしまった!」なんて無駄もなくなり、効率的ですよね。

●「もしも」のときのためのアイテムは、保留期間を作る

 ミニマムリッチキャリアコンサルタントの横田真由子さんによる「本当に必要なものはすべて『小さなバッグ』が教えてくれる」(クロスメディアパブリッシング《インプレス》刊)によると、モノが増えるのは、傘、ソーイングセット、充電器など、もしものときのためのアイテムまでをもあれこれ入れてしまうからだといいます。かといって、すべて置いていくのは心配ですよね。そこで、一週間ほど保留期間を作って家に置いておき、その間、持って行かなくても困らなかったもの、困ったものをそれぞれ見極めるといいそうですよ。

 バッグを軽くするための工夫、いかがですか? バッグが重くて歩くのが嫌!なんて人は、ぜひチャレンジしてみてくださいね。