田中みな実が見せた“義理魂”…番組エキストラにまで手作りバレンタイン

写真拡大

9日深夜放送の「村上マヨネーズのツッコませて頂きます!」(フジテレビ系)で、フリーアナウンサーの田中みな実が、TBSの局アナ時代における義理チョコへのこだわりを振り返った。

オープニングトークでは、関ジャニ∞の村上信五とブラックマヨネーズが、義理チョコの必要性について意見を交わし合っていた。話題を振られたゲストの田中は「局アナの頃はめちゃくちゃ頑張って、毎年渡していました」と語ったのだ。

当時、田中はレギュラー番組の全スタッフ、全共演者、技術職、さらにはエキストラにまで手作りの義理チョコを渡していたという。スタジオ観客席から驚きの声が上がり、村上が「何百個単位でしょ?」と尋ねると、田中は「そうですね」と答えた。

全て自腹による努力に、再び出演者たちが驚くと、田中は「業務用のオーブンをレンタルして作っていました」とその徹底したこだわりも明かす。

番組では、田中が作った義理チョコの写真も紹介。黒豚をモチーフとしたTBSのマスコットキャラクターやハートマークなど、種類も豊富だったようだ。

【関連記事】
田中みな実の自宅での行動に「恐ろしい」…本人も覚えておらず「怖いです」
田中みな実が恋愛相手の傾向を明かす「浮気しない人を好きになれない」
「恵んでもらう必要あるかね?」加藤浩次が″義理チョコ″の習慣に疑問