スポンサーを新たに迎え、初シードの1年を戦い抜く(撮影:佐々木啓)

写真拡大

2017年の賞金ランクで66位に入り、初のシード獲得を果たした出水田大二郎が、格安国内旅行やゴルフツアーなどを展開する株式会社ジェイトリップとスポンサー契約を締結した。
ヒデキ&リョウの黄金タッグ!出水田もいつかはコンビを…
契約に至った理由だが、出水田の苦境の中でも自分を信じ、ツアー初優勝を目指すチャレンジングな姿勢と、同社の精神が重なったことから実現。
12年にチャレンジツアーでプロデビューした出水田は、2試合目で優勝。以降は苦戦を強いられながらも、デビュー5年目の16年は未勝利ながらチャレンジツアー賞金ランク7位に食い込んで、17年のレギュラーツアー前半戦の出場権を獲得した。その17年も183センチの長身を生かした290ヤード超えの飛距離を武器に、「日本プロゴルフ選手権」では10位タイに入っている。
初のシード選手として挑む今年は、開幕戦「SMBCシンガポールオープン」が49位、2戦目の「レオパレス21ミャンマーオープン」は35位とまずまずのスタート。
「今年の目標はまず1勝。ゴルフファンの皆さまにワクワクしていただけるよう頑張りますので、声援よろしくお願いします」とツアー初優勝に向けて気合を入れ直した。

<ゴルフ情報ALBA.Net>