夫婦間の家事分担、上手く回してストレスを減らそう!

写真拡大 (全3枚)

お互いの得意分野を活かして、あれこれ言わずに任せてしまおう!

夫の得意分野については任せて口を出さないと決めています。

IT関係が好きな夫はパソコンやスマホ、その他電気関係のセッティング、トラブル処理は進んでやってくれます。

その他、背の高さを活かして、レンジフードやエアコンの掃除は夫担当です。

自分ができないこと、面倒に感じることを相手にしてもらうと感謝の気持ちを素直に感じることができるので、その気持ちを相手にしっかりと伝えます。

そうすることで次の時も進んでやってくれるようになりました。

ちょっと持ち上げて気を良くしたときに他の事を頼むと、その流れで他にもいろいろやってくれたりするときもありますよ。

とはいえ、その分担家事に取り掛かるペースまでは覚えていないのが現状。

そこで…

何度も言わずにカードで伝える。

毎週・毎月の家事、大人なんだからいい加減覚えてほしいというのが本音ではありますが、その度にリマインドするのはイライラの元!

そこで使い始めたのがカードです。

小さなカードを用意して、夫にやってほしい家事を1つ書いておきます。

(1つのカードに1家事がポイント!たくさん書いてあるとやる気が起こらないそうです。)

いつまでにやってほしいという期限についても、希望として書き入れます。

例えば毎月最後の週末にやっているレンジフードのお掃除。

土曜日の朝食の時に目立つところに置いておきます。

カードには「できれば土曜日中に」という希望の期限の一言も添えてあります。

以前は金曜日の夜に「週末○○のお掃除お願いね。」と始まり、土曜日・日曜日とやってくれるまで何度も伝えていました。

その度にすぐに取り掛かってくれない夫にイライラを募らせていたのですが、今はカードを置くときに「コレ、お願いね。」と1度だけ。ストレスは格段に減りました。

口で伝えると、「早くやってよ!」と余計な一言までついてしまったり、だんだん口調が強くなり喧嘩になってしまうこともありましたが、カードならそこに置くだけ。

不思議なもので、この方法にしてから夫は早めにその家事に取り組んでくれるようになりました。言葉で何度も言われないのがいいそうです。

いかがですか?

我が家のお互いにストレスをためない家事分担とリマインドの方法。

お互いの性格や得意分野を活かしつつ、ストレスを感じることなくうまく家事が回るようになるといいですよね。


【あなたにおすすめの記事】
■夫を「カジダン」に変身させる方法!?
■家事の役割分担は平等?私の意識を変えた夫の一言とは!?
■夫に「困っている事」を上手く伝えるコツとは?
■既婚30代のライフプラン/子供欲しい?欲しくない?
■結婚したら記念日はどうなる!?結婚4年目夫婦のプレゼント事情