最近、銀座と新橋をつなぐコリドー街がにぎわっている。夜な夜な多くの男女が訪れて、通りの活気がすごいのだ。

でも、自分にはちょっと騒がしすぎて…と感じるあなたにおすすめの実力店を紹介!

コリドー街にだって大人の時間が過ごせる名店があるのだ。銀座の遊び場へご案内しよう。



「博多炊き肉鍋」5,900円コースより、「炊き肉鍋」(手前)、「季菜(9品)」(左中央)、「矢部和紅茶」(右奥)など
唯一無二の炊き肉鍋を味わう『金蔦 銀座』

博多・春吉に本店を構える『金蔦』。独創性に溢れる鍋料理「博多 炊き肉鍋」を看板に掲げる名店の東京2号店が、2015年11月銀座にオープンした。

「炊き肉鍋」とは、牛テールスープの中に肉や野菜を入れ、しゃぶしゃぶの要領で火を通して食すオリジナル料理。塩ベースとトマトベースの2種のスープをつけダレにして味わう。

自家製の梅味噌をスープに溶けば、ピリッと辛く、よいアクセントとなり、いくらでも箸が進んでしまうだろう。



様々なニーズに対応できる個室を完備。窓の外は都心の夜景や電車を見下ろす絶好のロケーション

使う食材にも一切の妥協はしない。野菜は福岡野菜と東京の契約農家から直送されるもの。豚肉は鹿児島県産「黒宝豚」、牛肉は九州産黒毛和牛を使用している。

「九州の食材に合うのは、やはり九州の酒」と盛山貫行東京金蔦総料理長が語るように、酒も九州のものを多く取り揃える。西酒造の芋焼酎「宝山」や喜多屋の本格焼酎「空シリーズ」が並び、焼酎通も大満足のラインナップになっている。

「博多 炊き肉鍋コース」は4,900円(税別・以下同)〜8,800円まで6種。「季菜から始まり、デザート・矢部和紅茶で終わる。コース全体を楽しんでほしい」と榊敏正銀座店料理長。旨い料理と酒、食後の余韻までも楽しませてくれる。この店にはおもてなしの精神が息づいている。




いくらでも食べられそうなほど軽くしっとりとした極上のラム肉。人気店ゆえ席は2時間制
柔らかくとろけるようなラム肉を特製のたれで堪能『ラムしゃぶ 金の目 銀座本店』

皿上に大輪の花が咲いたようなピンク色のラム肉。ひと目で食指が動く圧巻のプレゼンテーションだ。

これを数枚取って、スープにくぐらせること数秒。うっすら色づいた肉を醤油ベースの秘伝のタレで味わえば、柔らかくとろけるような食感に秒殺されること間違いなし。クセやくさみは一切なく、ラム独特のミルキーな後味がほのかに感じられる。



北国名物 ラムしゃぶしゃぶ鍋食べ放題。野菜盛り、おにぎり、おしんこ、札幌ラーメン付き

ひとりひと皿はあたり前。もうひと皿、ふた皿と追加オーダーは必然だ。

締めはラムの出汁が効いた札幌ラーメンもいいが、生のままミニサイズのおにぎりに巻いて食べるという強者(=常連)も。裏メニュー的に楽しみたい。




アスパラのブイヨンを使った、アスパラガスとサーモンのテリーヌ ※春限定提供
BARで本格フレンチ。大人の遊び場『ヴァプール』

有名店が居並ぶ銀座のコリドー街で、ひときわ賑わいを見せるフレンチバル。フランス語で「蒸気」を意味する店名の通り、厨房の奥では巨大な蒸し器がフルに稼働する。

自慢は宮城産の魚介類や、季節野菜などをふんだんに使った蒸し料理。入り口付近の立ち呑みスペースは酒の肴を、奥では本格フレンチを提供するという二面性も魅力的だ。



カウンターの奥で展開する調理風景も楽しい

立ち呑み屋に慣れているなら、あえてスタンディングスペースでメイン料理をいただくのもいいだろう。それもまた、銀座の夜の楽しみ方の一手なのだ。


名店はコリドーの上階に潜む!



手前右から、12日熟成の大トロ、3日熟成のヒラメ、4日熟成の小肌、海老、トリガイ、1週間熟成のカジキマグロ。酢飯は人肌。無類の鮨好きの山田氏は、自らもよく鮨屋を巡っているという
コースの半数を占める熟成鮨に職人技を感じる『鮨処やまだ』

おまかせコース(¥10,800)で、白身や光り物、まぐろなど、およそ半分が熟成させた種で構成される。

「ひとりでやっているから成り立つ価格ですね」と店主の山田裕介氏が語る通り、銀座でこのレベルの握りがいただけるのは破格値だろう。

当然ながら予約は困難。だが、2回転目の21時前後が狙い目だ。日本酒のラインアップも目を見張るものがあり、魚同様に季節の変化を感じさせてくれる。



まぐろの様々な部位が並ぶ熟成用のネタケース。丁寧な仕事が垣間見える



店内




「旬野菜盛り合わせ〜八寸〜」は、プリフィックスコース(¥5,800)からの一例。シャンパンやフランスを中心とした120種以上のワイン、日本酒、焼酎計5杯をペアリング(60ml¥2,700、120ml¥5,400)
和の優しさ感じるフレンチを完璧なペアリングコースで『チェナクルーム』

2015年12月に誕生したビルの最上階に位置する『チェナクルーム』。

ガラス張りの店内から、銀座の街並みや通過する列車、国会議事堂のライトアップを望むことができる。



店内

ベースはフレンチだが、和食の要素を加えた繊細なテイストの料理が印象的。宮崎県産の尾崎牛や、三浦半島で朝収穫された無農薬野菜など食材にもこだわり、オリジナルオーダーした有田焼の器で提供する。

選択肢も充実のプリフィックスコースに加え、料理に合わせた5杯のペアリングもぜひ。




古書とボトルが同居する店内。間口氏の人柄と相まって昭和の雰囲気を醸し出す
ハイボールを片手に話が弾む大人の社交場 『銀座ROCK FISH』

銀座にありながら、全国のハイボールフリークを虜にする『ロックフィッシュ』は「通らずしてハイボールは語れない」とまで噂される有名店。

入手困難な復刻版の角瓶を使ったこだわりの一杯を求め、多くのファンが通い詰める。



竹中缶詰のオイルサーディン。後のせの山椒の実がアクセント

ハイボールの他にも、希少な缶詰をアレンジしたおつまみなど、語りどころが多い店だけに、ついついうんちくを披露したくなるところ。

しかし、オーナーの間口一就氏は「ここではそれをやらないのが格好良い。うんちくを語ると、浅い人物に見えてしまいます」とバーでの流儀を教えてくれた。



ウィスキー、ソーダ、グラスをキンキンに冷やして作る名物のハイボール

ハイボールで食前の乾杯をした後は、お互いのことをゆっくりと語らうのがシックな過ごし方。

昭和の雰囲気の香るこの店が、その時間を洒脱に演出してくれる。