女性の方から気持ちを伝える一大イベント、バレンタイン。

そんなバレンタインに「彼氏ができた!」という幸せなエピソードもあれば、「悲惨だった……」と嘆きたくなるようなエピソードも。


出典:https://www.shutterstock.com

今回は、アラサー女性が体験した“バレンタインの悲惨なエピソード”をお届けします。

 

■浮気発覚!

「去年のバレンタインの日、デートのあと彼の家に泊まりに行ったんですけど、その時最悪な事件が起きたんです!」(不動産/29歳)

「寝ていた時に、ふと目が冷めてトイレに行ったら、彼のバッグからはみ出てたバレンタインチョコらしきプレゼントを偶然見つけて。気になって覗いちゃったんです。そうしたら、チョコと一緒に“大人のオモチャ”のプレゼントがあって、“私と会えない時はコレ使ってね♡”的なメッセージが添えてあったんです……。もう“真っ黒”ですよね!? 彼を叩き起こして詰めたら、アッサリ認めたので別れました。アッサリ認めるなんて許せない!」

それはショックですね……。“大人のオモチャ”を渡すなんて、浮気相手の女性も大胆な……。アッサリ認めるなんて本当に反省しているかもわかりませんし、お別れして正解かも。

 

■流血からの「ぼっちバレンタイン」

「忘れもしない、2014年の大雪のバレンタイン。付き合いたての彼氏のために、手作りチョコを頑張って作ったんですよ。大きなハート型の“マンディアン”なんですけど。」(30歳/広告代理店)

「残業が多い彼だったので、待ち合わせも遅めだったんです。でも待ち合わせが私の家の近くだったので、チョコレートは冷蔵庫に入れたままで、会う直前にピックアップしていこうと思ってたのですが、雪がドンドンすごくなって歩くのも困難になってたんです……。」

“おうちデート”には変更しなかったんですか?

「はい。この日、どうしても行きたかったお店を予約していたので。でも、頑張って歩いていたのですが、雪ですべって派手に転んでしまい鼻血が……。白いコートには流血、手作りチョコは割れるわで散々(泣)。お店には何とか間に合ったのですが、彼は仕事が長引いて結局来られず。ひとりぼっちでコース料理を食べました。それ以来、雪が嫌いになりました。」

それは悲しいですね……。彼にちゃんと埋め合わせはしてもらえましたか?

「そんな大変な事があったのに、彼は“マジか、ゴメン!”の一言で、ま〜ぁ喧嘩しましたね(笑)。」

結果笑えたのならよかったですが、思わぬケガの恐れもあるので、大雪の際のお出かけには気を付けて! 特別な事情がなければ、天候が悪い場合などは“おうちデート”に切り替えるのもアリかもしれませんね。

 

■「かぶり」で発覚

「一昨年のバレンタインは、お互いに片思いの人がいる友達と“他の人と差がつくようなチョコ”がいいねって事で、百貨店に買いに行ったんですよ。」(31歳/化粧品)

百貨店といえば、有名ショコラがたくさんありそうですもんね。

「結局、友達とはお互いに同じブランドの同じチョコにしたんですよ。包装もシンプルで素敵だったので。でも、そのせいでまさかの事態が起きたんです。好きな人に“バレンタインの日は都合が合わない”と言われたので、翌日の月曜日に会ったんですよ。で、チョコを渡したら、彼が“このブランド最近流行っているの?”と聞いてきたんです。」

……嫌な予感!

「そうなんです。前日(日曜日)のバレンタイン当日は友達とデートしてたんです!その後、彼と友達は付き合いました。私は彼に渡すって言ってたのに、友達は黙ってたんです。ひどいですよね!恋と友情、両方なくしたバレンタインでした(泣)。」

お友達と、気になる人の詳細共有は必須ですね……。ただ、同じチョコレートを買わなければ発覚しなかったのかもしれませんが、付き合ってからずいぶんあとになって発覚した方がショックが大きかったかもしれません。

 

浮気発覚も流血も辛いですが、友達と好きな人両方を失ってしまったのもかなりキツイです……。聞けば同じ合コンで知り合った彼だったらしく、改めて女性同士の情報共有は大事だなと痛感しました。

今年のバレンタインに片思いの彼にアタック予定の方は、身近にライバルがいないか確認した方がいいかも!?

【画像】

※ Dean Drobot/shutterstock

【関連記事】

もはや黒歴史…「ワンナイトラブ後」に送ってしまった重すぎLINE

気持ちわるっ!正直理解できない「彼氏の性癖」エピソード

ゲスすぎる!本当にあった社内不倫エピソード【暇つぶし不倫の悲劇編】