画像提供:マイナビニュース

写真拡大

リンクスインターナショナルは2月9日、CORSAIR製のゲーミングキーボード「CORSAIR Gaming K63 Wireless」と、専用ラップボード「CORSAIR Gaming K63 Wireless Gaming Lapboard」を発表した。ともに2月17日より発売する。

○CORSAIR Gaming K63 Wireless

「CORSAIR Gaming K63 Wireless」は、約5,000万回の耐久性があるCherry MX Redを採用するテンキーレスワイヤレスゲーミングキーボード。価格は16,740円(税込)。

2.4GHz帯とBluetooth 4.2の無線接続に対応し、USBケーブルによる有線接続もサポートする。2.4GHz通信では1msの低遅延で動作。使用の際は付属のUSBドングルをPCに接続する。通信は128bitで暗号化されるのでセキュリティ性も高い。

各キーにはブルーLEDバックライトを装備。ドライバ「Corsair Utility Engine」を使うことで、各キーごとの発光を独立制御できる。マクロの設定やキーバインド制御なども可能。内蔵バッテリによる動作時間は最大75時間(バックライト非使用時)。

アクチュエーションポイントは2mmで、キー荷重は45g。100%アンチゴースト、Nキーロールオーバーに対応し、Windowsロックキーやマルチメディアキーなどを搭載する。インタフェースはmicroUSB 3.1。本体サイズはW173×D366×H41mm、重量は約1.09kg。対応OSはWindows 7 / 8 / 8.1 / 10。リストレストが付属する。

○CORSAIR Gaming K63 Wireless Gaming Lapboard

「CORSAIR Gaming K63 Wireless Gaming Lapboard」は、「CORSAIR Gaming K63 Wireless」をリビングなどで使用するためのラップボード。価格は9,720円(税込)。

ツールレスでキーボードの取り付けが可能で、底面は形状記憶の低反発フォームを採用。膝の上にもなじむので、安定した操作が可能になる。マウス操作用のスペースも用意されており、マウスパッド部分は交換が可能。

リストレスト一体型のデザインなので、操作時の手首の負担も軽減する。本体サイズはW277×D670×H52mm、重量は約1.85kg。