川崎FのMF大島僚太(25)が、10日のC大阪との富士ゼロックス・スーパー杯でメンバー入りすることが濃厚となった。昨年末の国内組のみの日本代表で臨んだE―1選手権(旧東アジア杯)で左太腿を負傷。1月12〜20日の宮崎合宿では別メニューで調整していたが、順調に回復し、沖縄合宿最終日の2月3日の浦和との練習試合で復帰。練習でもキレのある動きを見せており、新シーズン最初の公式戦にも「試合はあまりやっていないですが、問題はないです」と間に合わせた。

 もはや押しも押されもしない川崎Fの若き司令塔に成長。今季も昨季に続き谷口らとともに副将を務めることが決定している。昨年には知人の紹介で約4年前に知り合った1歳年上の一般女性とめでたくゴールイン。また心を新たにして迎える新シーズン、試合中に応援団が「笑顔がキュート」と唄うチャントも、愛着がありながら「キュートという年齢でもなくなってきていたので」と話す大島自身も応援団に相談する中で、既に昨年途中から“新バージョン”の作成が進められていたことが判明した。

 FC東京から1年で復帰した大久保や、横浜から加入した斎藤らを始めとする大型補強を成功させ、全タイトルを狙う“無冠返上元年”。フロンターレの心臓。大島のさらなる活躍から目が離せない。