美味しい店あり!と情報が流れれば、たちまちできる長い列。しかし、列の先に待つ味は、本当に美味しいのか。情報に踊らされているだけなのでは?行列店に並び、その価値を調べてきた!今回は「大阪編」3店をご紹介!

【待ち時間30分】アメリカ村の新名物と化した行列

「アメ村にえらい行列のローストビーフ丼があるで〜」という情報を聞きつけ、さっそく『CAMELDINER アメリカ村本店』へ。

絶品ローストビーフ丼 シングル800円

 某平日の木曜、17時34分に到着。店内は既に満席で、8人がウェイト中。この時期の路上待ちは冷えるので、並ぶ前に近くの商業ビルでトイレを済ませるのが得策。18時頃から食べ終えた客が退店しだし、18時3分に入店。席数15席で、客全員が「絶品ローストビーフ丼」を食べている。やわらかく、牛肉の旨みが濃縮。タレ、ご飯と見事なバランスの丼に大満足し、18時半過ぎに退店。待つ人はいなかったが、次々と客が来て、店内は常に満席状態。遅めの時間が狙い目かも。

【待ち時間90分】ルクア地下の中でも一際目を引く列!

 ルクア大阪地下2階(バルチカ)で、長蛇の列をなす『赤白 ルクア大阪店』。

フレンチおでん 151円〜

 「フレンチおでん」と厳選ワインが好評で、ホワイティうめだの系列店『ルージュエ ブラン コウハク』も開店早々待ちがでる人気店。

 某土曜の18時半頃足を運ぶと、カップルや40代前半女性2人組など、ズラリ33人待ち。時間が経つごとに列は増えるが、前進はぼちぼち……。

 寒さはビル地下といえど侮れない。ルクア地下の入り口に店が対面し、ルクアに人の出入りがあるたびに冷たいビル風が吹き、寒いのなんのって!コートは脱がず、足元も防寒仕様にしておくべし。

 20時前に入店。はぁ〜ん、店内はあったか〜い♪小粋でフレンチ感ある店だが、男性ひとり客の姿も。手間ひまかけた奥深い味の料理を居酒屋価格で味わえるなんて、小憎い。並んで悔いなし!

【待ち時間15分】お土産で並ぶお父さんたちの姿も

 梅田駅に直結する阪神百貨店の地階。人通りが多く、行列があれば必然的に目に付く。「この行列なに?」。それは北海道発の焼きたてチーズタルト専門店『BAKE 阪神梅田店』。

焼きたてチーズタルト 1個216円

某日曜18時過ぎ、9人の行列。店員さんが15分待ちのカードを出すが、2〜4人増えると20分待ちに。列後方を見ると、ビジネスマン風の50代前半男性が数名。時間帯的に家用土産だな。

 18時半前、焼き上がり作業を見ているとあっという間に順番が来る。寒くもなく、並ぶのに苦なし。焼き上がりの甘い香り。サクッ& しっとりの食感。さらに「並んで買った」というプレミア感があり、お土産にも◎。