妊娠中に増えた体重…母乳育児で減るだろうと思っていたら

写真拡大 (全5枚)

体重8キロ増

長女を妊娠した時、始めの頃はつわりがひどくて体重はあまり増えなかったのですが後半になって急に増え始め、最終的には8キロ増えていました。いきなり増え始めた時には焦りましたが、出産したらそれだけで5〜6キロくらいは減るんじゃないかなと思っていました。

そして出産後、初めて体重を計った時に3キロくらいしか減っていなくて、えっ?こんなものなの?と戸惑いました。それにお腹もまだあと一人入ってるんじゃない?と妹に言われるほどぽっこりしたままだったのです。

後で聞いたらお腹が出ているのは子宮が元の大きさに戻るのにしばらくかかるためだからもう少ししたら落ち着いてくるよ、と言われ安心したのですが、元の体重より5キロ多い事に変わりはありません。

母乳育児

「母乳をあげているとどんどん体重が落ちる」という話を聞いていたので、それなら授乳しているうちに自然と痩せるかな?と思い期待していました。

結果、確かに授乳でエネルギーは使うのですが、その分お腹が空いてつい食べ過ぎてしまい、全然体重が落ちないのです。適度に食べていれば自然とやせたのかもしれませんが「授乳しているんだから」という油断が良くなかったのだと思います。

とにかく歩く

思惑と違って妊娠前より+5キロで落ち着いてしまった体重。この調子で二人目の時もさらに+5キロ…となったら、もうちょっとやそっとじゃ戻せない!と思い、とにかくどこへ行くにもベビーカーで歩いて行くようにしました。買い物も週末に車で行ってまとめ買いしていたのを、毎日その日に必要な分を買いに行くようなりました。

家にこもりがちな性分なので、町主催の離乳食教室やイベントなどできるだけ申し込むようにして、予定を作って出かけるようにしたり…

そうやって過ごしていると、体重の事よりまず気持ちが明るくなってきました。

私はもともと家で過ごすのが好きなのですが、赤ちゃんと二人で家にこもっていても自分の好きなように過ごせるわけじゃないし、なんだかネガティブな事ばかり考えてしまうのです。それが体重減が目的だったにしても外に出て空や木々を見ながら歩いたり、離乳食教室で人と話したりする事がいい気晴らしになったのだと思います。

体と気持ち

授乳を理由に食べ過ぎていたのもありますが、家に赤ちゃんと二人きりでこもりがちで、ストレスが溜まっていたのも食べ過ぎてしまう原因だったように思います。

積極的に外に出るようにしてからは、ほどほどに食べるという事ができるようになってきました。きっと気晴らしに食べていたのがほかの事に気持ちが向く事で気が紛れるようになったのだと思います。

そうしているうちに少しずつ体が軽くなってきて、まだ元の体重には戻っていなくても気持ちが明るくなり、体と気持ちは繋がっているんだな、と強く感じました。

何かスポーツをやっている人ならそれを続けるのもいいと思いますが、私はスポーツは苦手なのでなるべく外に出て、歩いて体を使うのが一番合っていたのだと思います。


【あなたにおすすめの記事】
■人はなぜ太るのか?やせ体質になるメソッド紹介!
■太い脚は生活習慣のせいだった!自宅で簡単♪足痩せトレーニング
■ストレスフリーなダイエット方法3選
■ビタミンBで体の中からキレイを磨く
■家にあるもので簡単くびれ作り!筋トレ方法を紹介