握手を交わす文大統領(右)とルッテ首相=9日、平昌(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は9日、平昌冬季五輪に合わせて来韓したオランダのルッテ首相と五輪開催地の平昌で会談し、両国関係の発展方向や朝鮮半島情勢などについて意見交換した。 

 文大統領は国連安全保障理事会の非常任理事国と北朝鮮制裁委員会議長国を務めるオランダが対北朝鮮政策と関連し、韓国政府と緊密に協力するという点を高く評価した。

 また「北の平昌五輪参加により醸成された対話ムードが五輪以降につながり、北核問題の平和的な解決策の摸索に向けた対話に発展するよう支持してほしい」と要請した。

 これに対しルッテ首相は「平昌冬季五輪が世界人類の和合と和解に寄与する平和五輪になることを確信する」とし韓国選手の善戦を願った。