デパ地下に出現!アボカド天国な専門店が期間限定でオープン

写真拡大 (全7枚)

どんぶりにカレーなど、アボカド料理の数々が並ぶ専門店が渋谷にオープン。気軽にアボカドパワーを取り入れよう!

アボカド食べて、いいことずくめ♪


オーストラリアやニューヨーク、そして日本でもアボカドトーストが流行したり、イギリスでは小ぶりな品種のベビーアボカドが流行するなど、いままた注目を浴びているアボカド。

美容に気を遣うセレブたちが好んで食べる姿や、「森のバター」という別名から、なんとなく体に良さそうというイメージがあるが、実際にどんな栄養素が含まれているかご存じだろうか?

アボカドには、便秘を予防し腸内環境を整える「水溶性食物繊維」に、コレステロールを下げて血管をきれいに整える「オレイン酸」、体内の塩分を整えて高血圧を予防する「カリウム」と、美容にも健康にも効果が期待できる栄養素が満点なのだ。

そんなアボカドをたっぷり食べられる、アボカド料理専門のデパ地下グルメが登場することになった。

アボカド専門店がデパ地下に期間限定オープン!


アボカド料理専門店として人気の「マドッシュカフェ」が、2月15日から28日までの期間限定で、渋谷ヒカリエShinQs地下3階にてテイクアウト専門店「madosh!cafe(to go)」(マドッシュカフェトゥーゴー)をオープンする。

こちらの期間限定店では、マドッシュカフェの名物料理であるアボカドのどんぶり「アボカドン」のさまざまなメニューがラインアップ。

「照り焼きスパムアボカドン」や「マグロユッケアボカドン」「スモークサーモンアボカドン」などをハーフサイズから選べる。どれも美味しそうで選びきれない!というときは、どちらも購入しちゃうなんて手もアリなわけだ。

ヒカリエShinQs限定メニューには、「とろとろうなアボ丼」が数量限定で登場。うなぎの価格高騰により消えてしまった伝説のメニューの復活だ。

さらに、じっくり低温で火を入れた柔らかローストビーフに、アボカドとわさび醤油を合わせた「ローストビーフアボカドン」や、アボカドオイルを混ぜた特殊飼料を食べてのびのびと育った豚“アボトン®”を使用した、ガツンと食欲を刺激する「“アボトン®”の焼かない焼肉丼」も販売予定。

他にも、「アボカドココナッツカレー」「アボカドマッサマンカレー」といったアボカドとココナッツの魅力がたっぷりつまったカレーや、アボカド料理人・佐藤俊介氏のレシピ本から「アボカドモッツァレラフリット」「温泉卵とアボカドの生春巻き」など、選りすぐりのメニューも展開される。

さまざまなテイストのアボカド料理の数々に、毎日通いたくなること必至だ。気軽にアボカドパワーを取り入れよう。

■madosh!cafe(to go)

期間:2018年2月15日〜2月28日

場所:東京都渋谷区渋谷2-21-1 渋谷ヒカリエShinQs地下3階