画像提供:マイナビニュース

写真拡大

かつてファイルのやり取りといえば"PC間"が暗黙の了解だったが、NASなどPC以外のデバイスを利用する機会も増えた。特に多いのがスマートフォン/タブレットで、筆者は職業柄スクリーンショットを日常的にやり取りしている。macOS/iOSであれば迷わず「AirDrop」、ワイヤレスで高速かつ安全にファイルを送受信できる。

しかし、相手がAndroidとなると話は変わってくる。AirDropは便利だがAppleのプロプライエタリな技術のため、Androidはサポートされない。考えられる代替案は、NASなど共有領域(ファイルサーバ)を設けそこで受け渡しするか、クラウド上の領域で受け渡しするか……前者はオーソドックスな手法だが、ファイルブラウズアプリが必要になるため少々面倒。後者も専用アプリが必要なうえ、クイックレスポンスとはいかない。メールに添付する方法もあるが、前時代的な解決策だ。

Androidであれば、やはりベストは「Bluetooth」。Wi-Fiを使うAirDropほどの転送速度はないにせよ、ワイヤレスでOSに標準装備の機能で対応できる。今回は、Bluetoothを利用した(おそらくベストの)Androidとのファイル送受信術を紹介しよう。

○Androidをサーバに、Macをクライアントに

Bluetoothでファイル共有というと、システム環境設定「共有」パネルにある「Bluetooth共有」オプションを連想するものだが、今回はこれを使わない。なぜなら、この機能はMacをBluetooth共有のサーバにするもので、操作主体はAndroidになる。当コラムの趣旨としても、Macを操作してAndroid上のファイルを取り出す(またはMacからファイルを書き込む)べきであり、Bluetooth共有オプションには頼りたくない。

しかも、都合のいいことに、メニューエクストラのBluetoothアイコンには、Bluetoothでファイルをプッシュ/フェッチするためのコマンドが用意されている。ただクリックしただけでは表示されないが、Optionキーを押しながらクリックすると、Mac上のファイルを送信(アップロード)するための「ファイルをデバイスに送信...」と、Android上のファイルをフェッチ(ダウンロード)するための「デバイス上のファイルをブラウズ...」メニューが現れるはずだ。

○Android側の準備

前述したスタイルでファイルをやり取りする場合、Mac側の準備はペアリング程度だが、Adnroid側ではBluetoothで利用できるサーバ機能(OBEX FTP)に対応したアプリが必要となる。筆者は「ESファイルエクスプローラー」を選択したが、OBEX FTPに対応した他のアプリも利用できるはずだ。

Android側でアプリをダウンロードしたら、サーバ機能を有効にする。ESファイルエクスプローラの場合、画面左上のメニューから「ネットワーク」→「Bluetooth」の順にタップするだけでOK。以降はバックラウンドで動作するため、アプリの画面は閉じてしまって構わない。

あとは、Android端末とペアリングを行えば準備完了(ペアリングの手順は説明不要だろう)。MacとBluetoothで接続できる範囲内にAndroid端末を置いておけば、Mac側からファイルのプッシュ/フェッチを指示できるようになる。

○MacからBluetoothでファイルをプッシュ&フェッチ

例として、Android上のファイルをMacからフェッチする手順を紹介しよう。まず、メニューエクストラ上のBluetoothアイコンをControl+クリックし、メニューに表示された「デバイス上のファイルをブラウズ...」を選択しよう。

すると「Bluetoothファイル交換」が起動され、「デバイスをブラウズ」画面が現れる。そこで(ペアリング済の)Android端末を選択し、右下の「ブラウズ」ボタンをクリックすると、Android OS上の共有領域が表示されるはずだ。あとはFinderの感覚でフォルダを操作し、目的のファイルをMacのデスクトップへドラッグ&ドロップすればフェッチが完了する。

Android端末へのファイルのプッシュ(アップロード)は、Bluetoothアイコンのメニューに表示された「ファイルをデバイスに送信...」を利用してもいいが、「デバイス上のファイルをブラウズ...」で現れた画面を利用してもいい。「Bluetoothファイル交換」で表示されたFinder風画面で目的のフォルダを開き、そこへプッシュしたいファイルをドラッグ&ドロップすればOKだ。