<ISPS HANDA ワールドスーパー6パース 2日目◇9日◇レイクカリーニャップCC(7,143ヤード・パー72)>
欧州・アジア・オーストラリアの3ツアー共催大会「ISPS HANDA ワールドスーパー6パース」2日目。午前組の全選手が前半の競技を終え、今大会の世界ランク最上位(37位)につける小平智が4バーディ・3ボギーとスコアを1つ伸ばし、トータル3アンダー・24位タイの第3ラウンド進出圏内でホールアウトしている。
【連続写真】ドライバー巧者・小平智のキモはインパクトでの左カカト
初日に2オーバーと出遅れた谷原秀人は、5バーディ・3ボギーと2ストローク伸ばすも、現在のカットラインに1打届かないトータルイーブンパー・70位タイでフィニッシュ。3日目進出は後続の結果にゆだねられている。午後組では、宮里優作がスタートホールの1番をパーとして、トータル2アンダー・37位タイでプレー中。前日に5アンダー発進の片岡大育は日本時間午後2時20分よりティオフする。
トータル8アンダー・単独首位に昨年覇者のブレット・ラムフォード(オーストラリア)、1打差2位タイにホストプロのトービヨン・オルセン(デンマーク)、ルーカス・ハーバート(オーストラリア)が続いている。
今大会は2日間36ホールをストロークプレーで競技を行い、65位タイまでが3日目へ進出。第3ラウンド終了時点で上位24人が最終日のマッチプレーに進み、ノックアウト形式による6ホールのマッチプレーで頂点を争う。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

米国男子ツアー AT&Tペブルビーチ・プロアマ初日の結果
世界を股に掛ける谷原秀人 つくづく思うのは「日本人で本当に良かった」
アジア巧者・片岡大育に一日の長! グリーン適応で初日自己ベスト“67”
松山英樹が次週のジェネシス・オープン欠場 左手親指の治療専念
また契約外のG・ウッドランドが! BS『TOUR B X』ボール、棚ぼたの怪