高橋大輔氏

写真拡大

 平昌五輪第1日(9日、江陵アイスアリーナ)フィギュアスケート団体が男子ショートプログラム(SP)で始まり、日本の宇野昌磨(20)=トヨタ自動車=が103・25点で1位。カナダのパトリック・チャン(27)は81・66点で3位、米国のネーサン・チェン(18)は80・61点で4位だった。ペアSPでは須崎海羽(18)、木原龍一組(25)=木下グループ=は自己ベストの57・42点で8位。日本は2種目を終え、合計13点で3位につけた。

 宇野にとって初となる五輪の幕が開けた。ビバルディ「四季」の「冬」に乗り、個人戦で表彰台を争う元世界王者のチャン、全米王者のチェンとしのぎを削った。冒頭の4回転フリップは着氷が乱れたが、演技後半の4回転−3回転の連続トーループ、トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)は成功。ライバルにミスが相次ぐ中、演技後は笑顔を浮かべ、16日から始まる個人種目へ弾みをつけた。

 フジテレビ系列で平昌五輪の中継キャスターを務める、2010年バンクーバー五輪フィギュアスケート男子銅メダリストの高橋大輔氏(31)は、男子SPで1位だった宇野の演技について、「冒頭の4回転フリップで少しミスがあったけどそこから気持ちをきっちり切り替えて、(その後は)ミスなく決めてくれたことが結果につながった」と粘りを評価した。