「デーリィプロQ」

写真拡大

 オリオン機械(長野県須坂市、太田哲郎社長)は8日、独GEA製のロータリー型搾乳ロボットの輸入販売を始めると発表した。回転台に最大80頭の牛を載せて完全自動で搾る。300頭以上の牛を扱う大規模酪農家向け。搾乳作業の負荷を削減し、雇用の安定確保と生産性向上に寄与する。

 販売する「デーリィプロQ」は、円形のターンテーブル上を一頭ごとに仕切り、それぞれに搾乳ロボットを備えた。出入りする牛の乳頭の位置を3Dカメラで確認し、ロボットアームで器具を装着。テーブルが1回転する12―15分間に洗浄から搾乳、乳頭消毒までを自動で行う。5―6人必要だった従来の搾乳作業がオペレーター1人で済む。

 ターンテーブルに載せる頭数で28頭から80頭の11サイズがあり、価格は40頭タイプで約5億円。2018年度は1台、翌年度から年2台の販売を目指す。

 同搾乳ロボはGEAが16年に商品化し、欧米4カ国に計14台の出荷実績がある。日本にはオリオン機械との合弁会社が輸入する。300頭規模を扱う大規模牧場は全国で244戸。全戸数の1・5%ながら、頭数で13・4%を占める。酪農の大型化が進む一方、労働力不足で省力化が課題となっている。