松山英樹が来週に出場を予定していた米国男子ツアー「ジェネシス・オープン」を欠場することが分かった。8日(木)に所属するマネジメント会社を通じて発表された。
【連続写真】世界NO.1の呼び声も 松山英樹の2018年最新スイング
松山は先週の「ウェイスト・マネージメント・フェニックス・オープン」2日目スタート前に左手親指痛のために大会を棄権。現在は日本に一時帰国し、検査・治療に努めている。復帰時期に関しては、患部の状態を精査しながら検討するという。
ジェネシス・オープンは2017年よりタイガー・ウッズ(米国)の財団が主催を務めている。松山は14年から4年連続で出場しており、15年の4位タイが最高位。昨年は予選落ちを喫していた。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

AT&Tペブルビーチ・プロアマ 初日の結果
松山棄権後、「ヒデキのトーナメント」は「誰のトーナメント」になったのか【舩越園子コラム】
松山英樹が無念の棄権「一生ゴルフができないのではという怖さがある」
「長くゲームから離れてほしくない」ファウラーが松山英樹の復活を望む
真っすぐ飛ばすためにフェースをネジっ!?『M3』『M4』ドライバーの曲がらない秘密を徹底調査!