平昌冬季五輪の会場近くで聖火走者を務める国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長。聖火は9日夜に開催される開会式で聖火台に点火される=9日、平昌(聯合ニュース)
(END)
【平昌聯合ニュース】平昌冬季五輪が開幕する9日、国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長が聖火リレーの走者を務めた。

 ハッハ氏は午前9時10分、大会主要会場の江原道・平昌アルペンシアリゾートにある国際放送センター(IBC)とメインプレスセンター(MPC)を結ぶ区間で4人目の走者として登場。スキージャンプ台の五輪旗を背景に、にこやかに手を振りながら約200メートルをゆっくり走った。

 次の走者に聖火をつなげた後、バッハ氏は「午後開かれる平昌五輪開会式にとても期待している。韓国文化のすべてを目にすることができるだろう」と述べた。

 同じ区間で2人目の走者を務めた大会組織委員会の李熙範(イ・ヒボム)委員長は、「五輪期間中に1900を超える文化公演が催される」と、海外からの訪問者らに向けアピールした。

 平昌五輪は9日午後8時から平昌オリンピックスタジアムで開会式を行い、聖火台に火をともす。25日まで17日間、7競技102種目でメダル争いが繰り広げられる。韓国での五輪開催は、1988年のソウル夏季大会以来30年ぶり。