金与正氏(左から2人目)ら北朝鮮の高官級代表団が専用機で韓国入りする(イメージ)=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国統一部は9日、この日午後に空路で韓国入りする北朝鮮の高官級代表団を趙明均(チョ・ミョンギュン)同部長官が仁川国際空港で出迎えると発表した。

 北朝鮮が平昌冬季五輪に合わせて派遣する高官級代表団は憲法上の国家元首、金永南(キム・ヨンナム)最高人民会議常任委員長を団長に、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の妹で補佐役として存在感を高めている金与正(キム・ヨジョン)党中央委員会第1副部長、崔輝(チェ・フィ)国家体育指導委員長、李善権(リ・ソングォン)祖国平和統一委員会委員長からなる。専用機で平壌を出発し、黄海側の航路を飛行して午後1時半ごろ、ソウル近郊の仁川空港に到着する予定だ。平昌オリンピックスタジアムで午後8時に始まる五輪開会式に出席する。

 統一部によると、趙長官のほか、同部の千海成(チョン・ヘソン)次官、青瓦台(大統領府)国家安保室の南官杓(ナム・グァンピョ)第2次長も空港で代表団を出迎える。