「勤続10年」、今のご時世で10年も同じ会社で働いているのは幸せなことである。が、しかし、同時に新しい挑戦や可能性に踏み出せていないケースもある。

2017年の春に大学を卒業した女性の就職率は98.4%を記録した。しかし、新卒で就職したものの、3年以内の離職率は30%近いという調査結果もある。

今、アラサーと呼ばれる世代は大卒で入社した場合、職場ではちょうど10年選手。正規雇用にこだわらず、派遣やパートを選んで働く女性も増えてきた中、同じ職場で10年間働き続けてきた「10年女子」の彼女たちは、いったい何を考えているのだろうか?

「キャリアアップは?」「結婚は?」「貯金は?」、そんな「勤続10年女子」たちの本音に迫ってみた。

今回登場するのは、レンタカー・カーリース事業を行なう企業で社員として働いている朋美さん(仮名・32歳)。

朋美さんは、一度も染めていないと言う黒髪のロングヘアをひっつめて、べっ甲フレームの眼鏡を掛けた外見は、真面目そうな雰囲気を醸し出していた。薄めのファンデーションと、眉だけ描かれたアイメイクに、不釣り合いなオレンジ色の口紅が塗られた口元は、一昔前のメイクのように不自然だった。普段はゆったりしたニットに、ふんわりとした素材のロングスカートを合わせたカジュアルコーディネート。服装がフリーターみたいに見えるかも、と街中のショーウィンドウに写る自分の姿をそう感じる。

「子供の頃からもらっていたお年玉は、全部貯金しています」

そう語る朋美さん。趣味は“貯金”という。勤務しているレンタカー事業の企業では、10年勤務していても、入社時と手取りは大きくは変わっていない。成果が目でみられるような営業職ではない事務職なので、この先も大幅なアップは見込めないだろう。

20代までは結婚願望が強く、30歳までには結婚をして、子どもを2人産みたいと考えていた。大学を卒業してから、レンタカーをよく利用していた法人会社の営業の男性と恋愛関係になった。相手がレンタカーを利用するときに、貸し出しの手続きなどを担当するようになり、親しくなった。ずっと実家暮らしだったため、男性の一人暮らしの部屋に行くだけでも、ドキドキした。ただ、あまりにも相手との結婚を焦ったために、「あと3年は誰とも結婚するつもりはない」と断られた。つきあう=結婚ではないと痛感し、しばらくは職場に行くのも辛かった。もう別れたのは5年以上前の出来事になるが、いまだに新しい恋愛がしたいと積極的になれない自分がいる。

ファッションよりも、人付き合いよりも、貯金が楽しみ

朋美さんは、千葉県出身。寿司職人としていまだに現役で地元の店で働いている父と、飲食店でパート職員として働いている母、6歳年上の兄の4人家族。中学時代は好きな先輩と同じ部活に入りたくて、バドミントン部に入部し、部活に励んだ。しかし練習のし過ぎで、右手首が腱鞘炎になったこともあった。高校は地元の県立高校に進学し、大会などで良い成績は残せなくても、バドミントン部は続けていた。一度興味を持ったら、ずっとやり続けてしまう性格なのかもしれない。

大学は、国立大学の文学部に進学した。専門の対策が必要な私大文系よりも、基礎学力がバランスよく試されるセンター試験の方があっていた。大学では、自動車部に入部した。実家には、中古の軽自動車しかなく大きな車を運転してみたかったのがきっかけだ。助手席に乗車し、ドリフト走行なども経験した。部活動の一環で、ゴーカート場を借りて速さを競ったり、ドライブに出かけたり、高校時代とは違って一気に世界が広がった気分になった。

大学では、教職もとることができたが、取らずに卒業をした。大多数の大学生がそうであるように、朋美さんもまた将来的なビジョンがあったわけではなく、なんとなく就職活動を始めた。エントリーしても、面接まで進める企業が少なかった。そこで、女性の採用率が高い企業や、離職率が低い企業を調べた。そこからクレジットカード会社や、リース会社など30人から40人という大量採用を行なっている企業に絞った。「手取りは少なくても、交通費や、福利厚生が充実しているから正社員がいい」そう考えた。内定が貰えたのは、レンタカーや法人向けのカーリース事業を行なっている企業だった。勝因は、自動車部に所属し、車庫入れが得意と言うのが上手くアピールできたからだと思う。

実家は千葉県にある築40年近くになる木造の一軒家。兄は結婚を機に、実家から出て行って、中古マンションを購入した。そのため、オンボロではあるが木造の一軒家を相続する権利が朋美さんに移った。結婚を考えていた彼氏と別れた後、“このままお一人様だったらどうしよう……”、そんな不安から実家をリノベーションする費用を目標に貯金を始めた。

30歳を過ぎてから、貯金通帳の数字が増えていくのが、仕事のモチベーションとなっている。服にもあまり興味がなく、同じ服を何年も着続けてしまうし、友人も数少ないため、たまにしか食事にもいかない。そんな地味な生活を送ってはいるが、コツコツと貯めるのも限界が来ている。

リノベーションする日を夢見て貯金をするも、「結婚しないなら、老後は売り飛ばしてマンションで生活する方が楽なのかも?」という考えが頭をよぎることも。

支店から、営業アシスタントへ。上司からの不当な評価に傷つく日々〜その2〜に続きます。