出典:NOSH

花粉症のみなさん! もうすぐ、目がムズムズ,鼻がグズグズする、あの花粉の季節がやってきます! 準備はできていますか?

花粉症といえはティッシュが必需品。鼻の周りがデリケートになってくる分、ティッシュ選びはこだわりたいですよね。

最近は鼻炎向けの保湿ティッシュも多く出ていますが、違いが判らず迷ってしまう人が多いのではないでしょうか。

そこで、花粉症歴10年、製薬会社で花粉症薬の営業経験もあり、花粉症とゆかりが深い筆者(28歳女性)が、都内のドラッグストアを駆けずり回り、花粉症持ちに最適な鼻ストレスの低いティッシュを探してみました。

 

■鼻ストレスが低いティッシュとは?6商品を比較!

出典:NOSH

都内のドラッグストアを回ってみたところ、比較的手に入れやすいことがわかった以下6つの保湿ティッシュを比較してみることにしました。

・ネピア 鼻セレブ
・エリエール 贅沢保湿
・エリエール +Water
・クリネックス ティシューアクアヴェール
・クリネックス ローションティシューエックス
・アヴォンリーキースの保湿ペーパー

検証のためにこれらのティッシュをドラッグストアで購入し、編集部に持ち帰ったところ、チーム内のメンバー2名(女性)が重症な花粉症ということが発覚!

花粉シーズンになると鼻をかみ過ぎて、鼻の周りが赤くなってしまい、メイクも落ちてしまう……という、花粉症の悩みを共有し、意気投合。筆者は仲間を見つけたのです! 共にティッシュの検証に挑んでくれることとなりました。

 

■価格と保湿成分がよくわかる一覧を作ってみた

チームのメンバーと使用感を検証しようとしたところ、“6種類もあると特徴を整理しづらい!”という指摘があったので、わかりやすいように一覧にまとめてみました。こうやってみると、価格や保湿成分が意外にちがうのですね!



出典:NOSH

※同店舗での4Pの購入価格。『アヴォンリーキースの保湿ペーパー』のみ6Pの価格。同商品は4Pも販売しているようですが、その店舗に6パッケージしかなく断念。

意外だったのが、1P当たりの枚数に違いがあること! 安いと思っても、枚数が少なければあまり意味がないので要チェックです。表の価格は1つの店舗での価格ですが、他の店舗を覗いてみると、値段に差があることも多かったので、値段は参考程度にしてくださいね。ダントツで安いのは『アヴォンリーキースの保湿ペーパー』。価格重視の筆者にはこれが気になります!

また、保湿成分が各商品で違うのにも注目ですね。グリセリンはどのティッシュにも含まれているようですが、『贅沢保湿』にはコラーゲンやヒアルロン酸も使われており、『クリネックス ティシュー アクアヴェール』と『クリネックス ローションティシューエックス』は、シアバター配合とのことです。みなさんの気になるティッシュはどれでしょうか?

 

■チーム7名を巻き込んで使用感&買うならどれがいいかを検証!



出典:NOSH

花粉症もちの3名を含む、7名のチームメンバーで使用感を検証してみました! どの保湿ティッシュも一般的なティッシュと比べ、肌ざわりや質感の良さがある点では全員の意見が一致。

しかし、値段や使用感をふまえて、どれを使いたいかという点は一概には言えないという結果になりました。

例えば、花粉症もちの3名はそれぞれ『エリエール +Water』、『クリネックス ローションティシュー』、『エリエール 贅沢保湿』を買いたいという意見に。硬さやなめらかさの好みには個人差があるようですね。

それぞれのティッシュの特徴&感想をみていきましょう。

 

■「鼻セレブ」はパッケージが可愛いくて、気分が上がる♡



出典:NOSH

圧倒的なブランド力をもつ『鼻セレブ』のうれしい特徴は、パッケージの可愛さ♡

アザラシやウサギなどの白い動物のお鼻がアップされた写真です。これを持っていると気分が上がるという声も!

花粉で憂鬱になった気分もこのティッシュがあれば、少しはましになるかもしれませんね。値段は今回比較した保湿ティッシュのなかで一番高めです。

「柔らかい」、「さらさらでしっとり」、「ほのかに香る甘い匂いに癒やされる」という意見もありました。

 

■肌ざわりなめらか!保湿成分にこだわった「贅沢保湿」



出典:NOSH

代表的な保湿成分グリセリンとともに、コラーゲン、高分子保水成分、ヒアルロン酸がふくまれているところが『贅沢保湿』の大きな特徴。

コラーゲンやヒアルロン酸が含まれていることから、荒れがちな鼻回りへの悪化防止が期待できるのでは……?

使用感は「少し硬めだが、サラサラ、なめらか」、「肌になじむ」という声がありました。

筆者個人的には使用感はNo.1! ただ、パッケージが可愛ければもっと嬉しいのに……と思います。

同じシリーズにメントールの香り付きのハーブエキス6種類配合の鼻爽快メントール版もあるようです。

 

■ちょっといい普段使いに「+Water」



出典:NOSH

値段の質のバランスが良く、「普段使いによさそう!」という声が多かったのがこのティッシュ。「水分率を当社通常品1比170%」を唄っています。

「柔らかい。サラサラしている」、「普通のティッシュよりはかなりいい感じ。」との意見がありました。

標準装備の保湿ティッシュというところでしょうか。迷ったらこれを選ぶといいかもしれませんね。

 

■「クリネックス アクアヴェール」はシアバターが優しい



出典:NOSH

保湿成分としてシアバターが入っているのが特徴。「柔らかくて、ちょっと固め」という声がありました。

パッケージにはレースのデザインが入っていて、可愛いです。袋がほかのポケットティッシュに比べて少し丈夫そうな印象です。中に型紙が入っていて、形がくずれにくいのがうれしいですね。

ポケットに入れておくと、ティッシュの袋がよれよれになるのが気になる……という方におすすめです!

 

■しっとり、やわらかな使い心地「クリネックス ローションティッシュ」



出典:NOSH

1番好みが分かれたティッシュ。『クリネックス アクアヴェール』と同様、シアバター配合。

最大の特徴は、ティッシュの表と裏両面にローション液を塗布するという独自の技術・サンドイッチ製法を使用しているということ。しっとりな使い心地です。

「一番しっとりしていて好き」と声があった一方、「柔らかいけど、保湿感はあまり……」との意見もありました。価格帯は高めです。

 

■コスパNo.1 惜しみなく使える「アヴォンリーキースの保湿ペーパー」



出典:NOSH

ふつうのティッシュとほぼ同じ価格帯が特徴。「圧倒的な安さと保湿感がある」との意見があり、コスパは最高の保湿ティッシュ。

なんと、世界初の保湿ティッシュとのこと。低価格の秘訣をここにあるのかもしれません。

パッケージにはユニークなイラスト。価格を気にせず、とにかくたくさん使いたい! という方にぴったりなティッシュ。

 

みなさんは気になるティッシュはありましたか?

ちなみに、筆者は『エリエール 贅沢保湿』の手触りが滑らかで、コラーゲンやヒアルロン酸などの保湿成分が入っているところがお気に入り。これなら鼻の周りの赤みも少しはやわらぐのでは……と期待。

価格的に大量消費は躊躇してしまうので、コスパが高い『アヴォンリーキースの保湿ペーパー』と併用したいと思っています。

みなさんも、自分に合った保湿ティッシュをみつけて、花粉の季節もなるべく快適に過ごしましょうね!

※ 編集部調べ