画像提供:マイナビニュース

写真拡大

会社で配るバレンタインチョコやお返しの予算はいくらぐらいが適切なのだろうか。今回はIBJが2月7日に発表した「バレンタイン&ホワイトデー」に関するアンケート調査の結果を紹介する。調査期間は2018年1月13〜21日、有効回答は20歳以上の独身者2,594人。

○バレンタインの予算、「500円〜700円」が最多

女性に対し、バレンタインチョコについて聞いたところ、「手作り派」が24.2%、「市販派」が75.8%との結果に。1人当たりにかける予算は、「500円〜700円」が21%と最も多く、以下、「900円〜1,200円」が15.9%、「1,200円〜1,500円」が15.7%と続いた。「1,200円以上」と答えた割合は約5割で、中には「5,000円〜」という人も1.4%いた。

続いて男性に市販チョコと手作りチョコのどちらが貰って嬉しいか尋ねると、69.5%が「手作り」と答え、「市販」は16.9%にとどまった。ホワイトデーの予算は、「1,200円〜1,500円」が21.8%でトップ。次いで「900円〜1,200円」が17.1%、「2,000円〜3,000円」が14.2%と続いたほか、「3,000円〜5,000円」が10.5%、「5,000円〜」が6.2%と、女性が贈るバレンタインチョコと比べて少し高くなる傾向がみられた。

逆チョコをあげた経験がある男性は16.9%。逆チョコを渡したことのある人からは「学生の頃はホワイトデーの時だけ手作りでしたが、今は逆チョコも手作りになりました」(30代)、「逆チョコ始めたのは俺が最初じゃないかなぁ。10年前に気になる女の子に」(30代)といった声が寄せられた。