中学教員の約7割が過労死ライン超 指導員配置で部活負担軽減へ

ざっくり言うと

  • 都教育委員会は、都内の公立学校教員3380人を対象とした勤務実態を調査した
  • 中学校教員の68.2%が「過労死ライン」以上の時間を勤務していると判明した
  • 都教委は今後、部活動指導員を配置し、教員の負担を軽減する方針とのこと

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング