CROSS CUB110。(画像:本田技研工業発表資料より)

写真拡大

 本田技研工業(ホンダ)は、レジャーモデルバイク「クロスカブ110」をモデルチェンジするとともに、50ccエンジンを搭載した「クロスカブ50」を新規に発売することを発表した。いずれも、2月23日からの発売となる。

 クロスカブ110はもともと、比較的幅広い用途向けに売り出されているモデルであるが、今回の刷新ではよりアクティヴなイメージを高めるため、まずレッグシールドを廃止。またLEDヘッドライトを取り囲む特徴的なヘッドライトガード、スリットの入ったマフラーガード、マットブラックのホイールリムなどが堅牢な雰囲気を与えている。

 カラーリングは、パールシャイニングイエロー、マグナレッド、カムフラージュグリーンの3色を用意。

 クロスカブ50は、スタイリングは110に寄せてあるが、取り回しやすい小径14インチのタイヤと、足つき性のよい形状のシートで、よりフレンドリーなモデルとなっている。

 エンジンはスーパーカブ50と同じ空冷・4ストローク・単気筒エンジンが採用されている。

 こちらのカラーリングは、マグナレッドとクラシカルホワイトの2色がある。

 その他、諸情報は以下の通り。

■ 販売計画台数(国内年間)5,200台(累計)

■ 小売価格(税込)クロスカブ50:29万1,600円クロスカブ110:33万4,800円

■ 総排気量クロスカブ50:49クロスカブ110:49

■ 車名・型式クロスカブ50:ホンダ・2BH-AA06クロスカブ110:ホンダ・2BJ-JA45

■ エンジンクロスカブ50:AA04E・空冷 4ストロークOHC 単気筒クロスカブ110:OHC 単気筒JA10E・空冷 4ストロークOHC 単気筒