(写真提供=SPORTS KOREA)キム・ヨナ

写真拡大 (全4枚)

いよいよ開幕する平昌五輪。本日午後8時から平昌オリンピック・スタジアムで開会式が行われる。

不安視される寒さに対抗すべく組織委員会は“防寒6点セット”なるものを無料配布するというが、はたしてそれでマイナス15度ともマイナス20度とも予想される“凍えるような寒さ”を凌ぐことができるのか、不安は尽きない。

と同時に聖火台の最終点火者が誰になるか、という点には関心が集まるところだろう。大会の開始を世界に告げる聖火台への点火は、世界が注目するオリンピック開会式のハイライトだからだ。


(写真提供=SPORTS KOREA)キム・ヨナ


韓国ではずいぶん以前から、“フィギュア女王”キム・ヨナが本命視されてきた。

最近は大人の色気を漂わせるグラビアも話題となるなど相変わらず存在感は抜群で、彼女であれば納得ではあるだろう。

(参考記事:【最新グラビア】韓国の“フィギュア女王”キム・ヨナ、大人の色気漂う美ボディを披露

ただ、ここに来てさまざまな憶測や意見が浮上しているのも事実だ。

日本からも聖火リレーに参加

そもそも昨年11月1日から仁川で始まった聖火リレーには、数多くの有名人が参加してきた。


(写真=イ・ボミInstagram)


日本女子プロゴルツアーで活躍するイ・ボミはもちろん、高橋大輔、荒川静香、安藤美姫など日本のレジェンド級アスリートたちも聖火リレーを走っている。

日本メディアでは報じられなかったが、パク・キリャン、アン・ジヒョン、チョン・ダヘといった“人気チアドルトリオ聖火リレー”もあった。日本や中華圏で人気の俳優チャン・グンソクも、走っている。

ただ、最終点火者はスポーツ・アスリートであるべきだろう。

2014年の仁川(インチョン)アジア大大会では、アジア圏の韓流人気を意識して女優のイ・ヨンエにその大役を任せたが、スポーツとは無縁の人選にスポーツ記者の間で抗議や不満があっただけに、余計に今回はミスキャスティングしないことを願うばかりである。

最有力はやはりキム・ヨナだが…

もっとも、平昌の最終点火者はかなり前から“フィギュア女王”キム・ヨナで濃厚だとされてきた。それは今も変わらない。


(写真提供=SPORTS KOREA)アイスホッケー女子韓国代表


選手時代の実績(バンク―バー五輪・金、ソチ五輪・銀)はもちろん、招致段階ではブレゼンテーション、招致後は平昌五輪広報大使として尽力してきた最大の労者だけに、最も適任ともいえるだろう。

ただ、キム・ヨナ本人はこれまで「誰になるかわかりませんが、(最後のランナーになったら)個人的にはとても光栄なことです」と語るだけ。先月も専属モデルを務めるスポーツブランドの広告に登場したが、聖火の最終点火については言及しなかった。

そうしたのらりくらりした態度の一方で、最近は広告モデルを務めるスポンサー行事への参加が目立つことから、一部のネット市民たちに商業主義を鋭く指摘されたりもしたが、依然としてその人気は高い。

韓国の一般紙『韓国日報』も2月8日付けの報道として、「聖火点火の主人公は? 平昌のアイコン、キム・ヨナが1位に」としてキム・ヨナが最有力候補であるとした。

過去には南北の共同点火があった!!

ただ、ここにきて新たな可能性が浮上した。北朝鮮の五輪参加により、「聖火の最終点火も南北になるのではないか?」という説である。

実際、北朝鮮が参加した2002年釜山アジア大会では、南北選手が最終点火者となった。韓国は1984年ロス五輪の男子柔道・金メダルのハ・ヒョンジュ、北朝鮮は1996年アトランタ五輪の女子柔道・金メダルのケ・スンヒが、“共同点火者”を務めた。

こうした前例もあることから、今回の平昌五輪もキム・ヨナと「北朝鮮の誰か」という説があるのだ。

例えばフィギュアスケートペアに出場する北朝鮮のリョム・テオク、キム・ジュシクが候補として浮上しているし、1964年インスブルック冬季五輪の女子スピードスケート3000mで銀メダルに輝いたハン・ピルファかもしれないという予想もある。ハン・ピルファは北朝鮮初の冬季五輪メダリストだ。

さらにいえば、キム・ヨナが聖火台まで運び、最後に点火するのは1991年卓球世界選手権で女子ダブルス優勝を飾った南北合同チームの元祖、ヒョン・ジョンファ(韓国)&リ・プニ(北朝鮮)ぺアという説もある。

また、そもそもキム・ヨナではなく、今回の平昌五輪で合同チームを組むことになった女子アイスホッケーの選手たちだという憶測もある。

はたして平昌五輪の聖火台に火をともすのは誰になるのか。

ちなみに韓国は聖火へのこだわりが強く、点火がらみでハプニングが多い。1988年ソウル五輪では手違いでハトが丸焦げになったしまったこともあった。

平昌では鮮やかに決めて、世界にその始まりを華々しく知らせたいものだ。

(文=慎 武宏)